離乳食の赤ちゃんについて

赤ちゃんの便秘が始まる時期として、離乳食開始後のゴックン期が最も多いと言われています。

 

離乳食時の赤ちゃんの便秘解消は、食事内容の改善やたくさん遊んであげると運動量が増えるのに合わせて大腸も動くため、便秘解消は即効で改善されると言われています。

 

赤ちゃんが便秘だと言われるのは、今までは1日に何回も便が出ていたのに、大人と同じ様に2、3日に1度出るか出ないかくらいの回数に減った頃ですが、離乳食を始めるまでの赤ちゃんは、母乳や粉ミルクなど液体が主食だった為、大腸の働きも未発達です。

 

そして、離乳食に移行を始めたの最初は、食べた物の大半が胃腸で消化吸収されることが少なく、そのまま排便されてしまうことによって排便回数も多いのです。

 

離乳食 便秘

しかし、離乳食を食べる慣れる頃には、大腸も少しずつ変化して、大腸の働きにある程度余裕ができます。

 

そうなると、離乳食から栄養を吸収する働きが始まり、排便までの時間が必要です。

離乳食の赤ちゃんの便秘解消法と予防法

離乳食の赤ちゃんの便秘解消と予防:クルクルマッサージ

赤ちゃんの排便が滞っていて、おなかを触った時に、なんとなく張っていたり違和感がある場合は、おなかの上を力を入れずに軽く円を描く様にクルクルとマッサージをしてあげると、腸の動きも活発になります。

離乳食の赤ちゃんの便秘解消と予防:血液とリンパの流れを促進

大人と同様に赤ちゃんの体全体を動かしてあげたり、足を動かしてあげると、血液やリンパの流れがスムーズになり、便秘解消や予防効果に繋がります。

離乳食の赤ちゃんの便秘解消と予防:果汁を与える

そのほかにも、離乳食に合わせて、果汁を与えることも赤ちゃんの便秘解消を即効で実感出来る事が多いと言われています。

 

しかし、アレルギー発症の可能性など考慮すると生後5ヶ月以上の赤ちゃんにおすすめです。

 

果汁は固くなった腸内の老廃物を柔らかくする効果があり、みかんやバナナ、また、食物繊維を含んださつまいもなど手軽な物でも効果的です。
離乳食の赤ちゃんの便秘食物繊維など便秘解消や予防に効果的な食べ物 離乳食の赤ちゃんの便秘バナナの便秘解消効果

それでも離乳食の赤ちゃんの便秘解消ができない場合は

それでも解消しない場合、大人の便秘原因と同様に、赤ちゃんのおなかの中の善玉菌(ビフィズス菌)の減少で腸内環境が整ってない場合も考えられます。

 

また、帝王切開の赤ちゃんは、出産時お母さんの産道を通らなかったことで、普通分娩の赤ちゃんと比べて、腸内の善玉菌が少ない場合があります。

 

赤ちゃんは生後5ヵ月頃から腸内細菌の90%を占めていた善玉菌の減少が少しずつ始まります。

 

その場合、今まで赤ちゃんの主食だった母乳や粉ミルクに含まれ、腸内の善玉菌を活発にして増やす効果のオリゴ糖を、少しだけ離乳食に加えてあげることで、便秘解消の効果を出すことができます。

離乳食の赤ちゃんにも安心で効果的な便秘解消オリゴ糖ランキング

 

 

本記事を最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。
この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願い致します。

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加


口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング


 

離乳食の赤ちゃんの便秘解消について便秘解消関連ページ

母乳の赤ちゃんの便秘解消について
母乳の赤ちゃんは便秘になりにくいと言われますがお母さんが偏った食事をしていると母乳の栄養分が不足して赤ちゃんも便秘になります。母乳を飲んでいる赤ちゃんの便秘原因、予防法、解消法について解説しています。
粉ミルクの赤ちゃんの便秘解消について
赤ちゃんは生まれると急速なスピードで成長しますが、それに合わせて体質も変わります。今までと同じ粉ミルクを飲んでいたのに急に赤ちゃんが便秘になるのは、その影響とも言われます。粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんの便秘原因、予防法、解消法について解説しています。