粉ミルクの赤ちゃんについて

粉ミルクを飲む赤ちゃんが便秘になってしまうことがありますが、これはどうしておこるのでしょうか。

 

たとえば、何日か便が出なかったとしても、赤ちゃん自信が元気で機嫌が良い様子なら、それほど心配しなくてよいと思います。

 

しかし、現状の毎日の赤ちゃんの状態をお母さんがシッカリと把握することと同時に、急に赤ちゃんの便の状態が変わったり急な夜泣きなどが起きた時、どんな対応をすれば良いか知っておく必要があります。

粉ミルクの赤ちゃんの便の特徴

粉ミルクを栄養としている赤ちゃんの便は、一般的には母乳を栄養としている赤ちゃんより、やや乾燥していて、回数自体が少なくなる傾向にあります。

 

しかし、赤ちゃんの便が、硬くコロコロしたうさぎのフンのような場合には、注意してください。

 

その場合は、水分不足の原因で便秘も考えられるので、予防としては、お風呂上がりなど授乳に影響しない時間に、水分を少しづつあげると良いでしょう。

粉ミルクの赤ちゃんの便秘原因:赤ちゃんと粉ミルクの相性が合わない

粉ミルク 便秘

粉ミルクと赤ちゃんには相性があって、全て同じてはありません。

 

オリゴ糖の含有量が多い製品や、2種類のオリゴ糖が配合されている物、他に比べて乳糖含有量が多い物など様々です。

 

赤ちゃんが生まれた産婦人科が使っている粉ミルクと、そのまま同様の銘柄の粉ミルクを使用されてるなら、短期間だけ別の粉ミルクに変えてみることも、粉ミルクの赤ちゃんの便秘解消には効果的です。

 

乳児期の主食となる粉ミルク選びは、赤ちゃんにとっても重要なことなので、赤ちゃんとの相性を確かめながら、選んであげてください。

粉ミルク選びではオリゴ糖などの成分含有率を確認する

粉ミルクは製品の種類によって、オリゴ糖など含有率が変わる物など様々なので、現在使用している粉ミルクで赤ちゃんの様子がおかしいと感じるのであれば、他の製品を試してみるのも1つの方法です。

 

また、最近は、粉ミルクに含まれるオリゴ糖の効果を利用した粉ミルクダイエットというダイエット方法が注目されています。

 

このように、オリゴ糖は粉ミルクの中にも配合されているのですが、赤ちゃん自身が生まれたお母さんの身体で作られている母乳には、オリゴ糖の含有量や赤ちゃんとの相性などの面ではかないません。

 

そのため、母乳の赤ちゃんに比べてオリゴ糖が不足気味になって、粉ミルクの赤ちゃんは便秘になる場合が多くなります。

 

色々な種類の粉ミルクを試して、それでも赤ちゃんの便秘解消や改善がなければ、腸内の善玉菌の栄養となるオリゴ糖の補充で、善玉菌を活発にする方法が粉ミルクの赤ちゃんの便秘解消に効果的です。

 

使用方法は、いつも飲んでいる粉ミルクや水分にオリゴ糖を溶かして赤ちゃんに与えるだけです。

粉ミルクの赤ちゃんにも安心で効果的な便秘解消オリゴ糖ランキング

 

NEXT:離乳食の赤ちゃんの便秘について

 

 

本記事を最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。
この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願い致します。

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加


口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング


 

粉ミルクの赤ちゃんの便秘解消について便秘解消関連ページ

母乳の赤ちゃんの便秘解消について
母乳の赤ちゃんは便秘になりにくいと言われますがお母さんが偏った食事をしていると母乳の栄養分が不足して赤ちゃんも便秘になります。母乳を飲んでいる赤ちゃんの便秘原因、予防法、解消法について解説しています。
離乳食の赤ちゃんの便秘解消について
赤ちゃんが産まれて始めての便秘を経験するのは、離乳食が始まる前後が1番多いと言われています。これは、今までの主食だった母乳や粉ミルクが液状の物から、ゴックン期になって初めて食べる食べ物に赤ちゃんの大腸が慣れていない等、色々な要因があると言われています。離乳食の赤ちゃんの便秘解消法などを紹介しています。