生理中の便秘について

生理中の便秘

女性の中には、普段はあまり便秘の悩みを抱えていない方でも、生理期間中だけ短期的な便秘になる方がいます。

 

なぜ、生理期間中や前後で便秘気味になってしまうのかと疑問に思っている方がいるのと同時に、逆に、毎月訪れる生理に合わせた短期的な便秘ということで、毎度のことだと割り切っている方もいると思います。

 

しかし、便秘になるということは、体内で作られた老廃物(便)や蓄積すると、アレルギーを引き起こす原因物質のアレルゲンなどの毒素を排出するデトックス(解毒)効果も止まってしまうことになります。
生理中 便秘便秘とアレルギー 生理中 便秘便秘解消によるデットックス(解毒)効果

 

そうなると、毎日、規則正しく排便できている方が健康面だけでなく美容面にも良いということは言うまでもありません。
生理中 便秘便秘による美容への悪影響

 

さらに、最近、その存在が注目されている腸内フローラも良い状態に作用し、腸内フローラを中心とした腸内環境が引き起こし表れていた、健康面や美容面などの色々な悪影響も改善されると言われます。
生理中 便秘腸内フローラの状態が悪いと表れる弊害

 

また、これまでは生理が終わると同時に解消されていた便秘が、ある時期から急に生理は終わったはずなのに便秘が解消されずに、そのまま慢性的な便秘状態になってしまう方も少なくありません。

 

そのため、生理期間中や前後であっても、しっかり便秘解消を即効にできるように取り組んだ方が良いことは言うまでもありません。

-----Sponsored Link-----

生理に関連して便秘になる原因は?

生理に関連した便秘を解消するには、まずは、その原因を知る必要があります。

 

事前に生理で便秘になる原因を把握すれば、その部分を意識してケアすることで、生理に関連する便秘の解消や予防も難しくはありません。

 

ホルモンバランスの変化

生理が訪れるのは、赤ちゃんを妊娠できる状態を作るため、毎月、子宮内で卵包や卵子などが作られて、前回作られて古くなった物が子宮内膜や血液と一緒に排出される月経の一環です。

 

そして、月経の期間(約28日)の中で排卵があり、その排卵を境に分泌されるホルモン量のバランスが大きく変化します。

 

特に、排卵後から分泌量が増加する黄体ホルモン(プロゲステロン)は、大腸自身が便を排出しやすいようにする為に蓄えている水分を吸収してしまい、その結果、大腸内の便が硬くなり排出されにくくなってしまいます。

 

また、生理が順気味な方は慢性的な便秘になることが多いとも言われていますが、これは、黄体ホルモンが分泌量が多い期間が長いことが原因とも言われています。
生理中 便秘生理不順と便秘の関連

食欲の低下

生理中 便秘

また、生理痛などの症状が重い方は食欲そのものが無くなってしまい、食事を摂ることすら億劫になってしまうことがあります。

 

そして、食事量が減ってしまうということは、身体の代謝機能を働かさせるエネルギーが減ることと同時に、食べ物を食べることでの刺激で大腸が排便を促がす蠕動(ぜんどう)運動である大蠕動が起こらなくなってしまいます。

 

そうなると、すでに大腸内に残っている老廃物(便)が、食べることによって新たに作られた老廃物に押し出されることがなく大腸内に残り続け、さらに便に含まれている水分が失われて大腸内で固くなってしまいまい、生理痛だけでなく便秘による腹痛まで表れてしまいます。

出血による血液量不足

生理で出血するのは、前回の月経で作られて不要になった子宮内膜などを血液と一緒に排出するためです。

 

そして、出血が続いている間は、体内全体の血液保有量が減少していくのですが、それに合わせて血液が減少すると基礎体温も低下するので、出血が始まった日から排卵が始まる前の期間は低温期と言われます。

 

そのために、年間を通じて最も便秘になりやすい季節の冬に女性は冷え性の悩み低体温の悩みを抱える方が、男性よりも多いと言われています。

 

さらに、体内の血液保有量が減少すると、貧血でめまいや動悸などの症状が表れるのと同様に、内臓機能の働きも下がってしまいます。

 

その結果、大腸の蠕動運動が鈍くなるのと同時に、先度ほどの食欲低下による代謝機能を促進させるエネルギーが不足すると、輪をかけて内臓機能の働きが下がってしまいます。

 

また、生理痛と同時に腰痛の症状が表れるのも血液の循環不足と同時に便秘の症状が重なるために起こると言われています。
生理中 便秘便秘と腰痛

-----Sponsored Link-----

生理中の便秘解消と予防

このように、色々な条件が重なって生理に関連する便秘が引き起こされますが、その原因を知ることで即効性のある解消法や予防効果を高めるケアができます。
生理中 便秘便秘解消や予防に効果的な生活習慣

 

たとえば、黄体ホルモンの影響で腸内の水分が不足気味になるなら、生理前後から期間中は今まで以上にこまめに水分補給を行なうことで対応できます。
生理中 便秘便秘解消や予防に効果的な2種類の水分摂取法

 

それに合わせて、食物繊維を含む食べ物を摂取すれば、食物繊維は腸内の老廃物を絡め取って排出を助ける効果があるのですが、水分を吸収することで胃や大腸内で膨張して、その効果を高めます。

 

このように、いつも以上にこまめな水分摂取と毎日の食事に食物繊維を含むものをバランス良く摂り入れて摂取すれば、生理に関連する便秘原因となっている黄体ホルモン分泌と食欲の低下の影響に対応できますね。
生理中 便秘便秘解消の即効性を高める食物繊維などの食品

 

ただ、仕事が忙しかったり、どうしても毎日の食生活が不規則気味になりがちな方は、食物繊維や善玉菌(ビフィズス菌、乳酸菌)など便秘解消に効果的な成分を効率良く摂取できると同時にダイエット効果も視野に入れた便秘解消サプリメントを利用されるのも効果的です。

生理中 便秘生理中にも優しい便秘解消サプリメントランキングはこちら

 

そして、生理の出血で貧血気味と感じたら、レバーやほうれん草などの鉄分を含んだ食べ物もバランス良く含んだり、最近では効率良く鉄分を摂取することができる色々な鉄分飲料やサプリメントなど、これらを上手に利用する方法もあります。

-----Sponsored Link-----

就寝前にできる生理中の便秘解消と予防

さらに、低温期の基礎体温低下が大きいのであれば、就寝中もおなかを冷やさないように、薄くても遠赤外線効果でおなかを温める効果の高い腹巻を利用したり、就寝前に軽いストレッチ運動ノンカフェインの便秘解消のお茶などを飲めば内臓器官を身体の内外から温めることができます。

 

このように、生理の影響で身体に起こる変化を把握することによって、生理中に自分の身体に表れる状態に合わせた対応もできるので、生理中の便秘を即効で解消することや事前に予防することも決して難しくありません。

 

また、これらの生理の影響による便秘対策意外に、普段から悪玉菌よりも善玉菌が優勢な腸内環境に整えることによって、慢性便秘になるリスクを回避できます。
生理中 便秘慢性便秘中の腸内

 

たとえば、身体に優しく善玉菌(ビフィズス菌)を増やす効果の高いオリゴ糖を普段使っている砂糖の代用として使うことも、便秘解消の即効性を高めるのと同時に予防効果も高めることができます。

生理中 便秘生理が原因の便秘の解消にも効果的なオリゴ糖ランキング

 

そして、最近は生理前に身体のダルさを感じたり精神的にモヤモヤするのは、PMS(月経前症候群)と言われ、ホルモン分泌の影響だけでなく精神的ストレスを感じやすくなり、その結果、痙攣(けいれん)性便秘にも繋がるとも言われます。

 

しかし、PMS(月経前症候群)の状態を緩和するサプリメントなどもあるので、便秘を引き起す悪循環にもなりかねない生理前の精神的ストレス対策に、これらを試されるのも良いと思います。

ルナリズム

 

NEXT:妊娠中の便秘解消と予防

 

 

本記事を最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。
この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願い致します。

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加


口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング


 

生理中の便秘解消と予防記事一覧

女性の生理周期は、通常、28日〜35日の周期で来ると考えられていますが、ペースが不規則になり数ヶ月間隔や年に数回と周期が乱れいる人もいます。そのような場合は、婦人科で適切な診断を受けることが先決で、場合によって低用量ピルや月経を起こす為のホルモン剤を処方されることもあります。生理不順のホルモン分泌と便秘月経が起こるメカニズムですが、生理1日目から排卵日までを低温期といい、卵胞が女性ホルモンであるエ...

毎日ピル(経口避妊薬)を服用されてる方の中に、慢性的な便秘の症状が表れて、困っているという場合があります。ピルはホルモン製剤なので、体内のホルモンが分泌されているバランスが乱れたことで自律神経も乱れて、便秘症状を引き起こしていると考えることができます。女性は元々、女性ホルモン(エストロゲン)の影響を非常に受けやすいために、どうしても自律神経のバランスを崩しやすく、そのことも含めて便秘になりやすいと...