子供(小学生)の便秘について

急増する便秘で悩む小学生

慢性的な便秘の悩みを抱えてしまうのは大人だけではなく、現代社会が複雑になることに合わせて、年々便秘の悩みを抱える子供も増加して、最新の調査では40%以上の小学生が少なからず便秘の悩みを抱えるようになったと言われます。

 

そのため、赤ちゃんの頃の便秘原因や小学校に入学する前の幼児の頃の便秘原因とは異なる原因が小学生以降の子供にはあります。

 

その中で特に多いのが、小学生以降で特に男の子の場合は、友達に冷やかされる原因を作ってしまうことや恥ずかしさを感じることで、学校で便意があってもトイレに行くことを我慢してしまうことです。

 

便意があるのにも関わらず、それを我慢することが習慣化してしまうと、体外に排出される直前の場所である直腸部分に便が溜まって、そのまま便がカチカチに固まってしまい直腸(ちょくちょう)性便秘という状態になります。

 

そして、小学生に急増している便秘の大半は、この直腸性便秘だと言われます。
子供の便秘直腸性便秘の解消と対策

 

あくまで個人的な意見ですが、大用と小用の2種類に分かれている小学校の男子トイレを女子トイレのように1種類だけにしてしまえば、学校での排便を恥ずかしがることが原因の男子小学生の直腸性便秘は、ある程度防げるのでは?と思います。

-----Sponsored Link-----

子供(小学生)の便秘解消法と予防法

このように、小学生の子供の直腸性便秘を予防するのに1番効果的なのは、学校で便意を感じたらすぐにトイレに行くことですが、恥ずかしさからの抵抗感でどうしても難しいかもしれません。

 

小学生の便秘予防には朝食後のトイレが必須

では、どのように予防するのかと言えば、なるべく学校にいる間に便意が表れないようにすることで、そのためには、朝、学校に登校する前に必ずしっかりと朝食を食べて排便しておくことです。

 

人間の排便サイクルで、最も自然な便意を感じて排便量が多いのが、睡眠から眼が覚めて朝食を食べ終わった後の20分後と言われています。

 

そして、夕食も含めて就寝前に食べた食べ物の大半は、就寝中に内臓器官が活発に消化・吸収・などを行ないます。

 

これは、就寝中というリラックスしている状態になると、自律神経の1つで普段、起きている時に優先される交感神経に変わって、内臓機能の働きを活発にさせる副交感神経が優先されることに合わせて、就寝前に食べた物の消化や栄養吸収を促進させ、それらの残りが老廃物(便)になります。

 

しかし、睡眠時間が短いと副交感神経が優先される時間が短くなることと同時に、内臓機能が活発に働ける時間も短くなってしまうので、なるべく子供には早寝を勧めて睡眠時間を摂らせることも大切です。

 

そして、就寝中に作られた老廃物は、朝食を食べることでの胃大腸反射という刺激をキッカケに、約20分後から大腸が老廃物を排出させようとする蠕動(ぜんどう)運動を起こして、身体に自然な便意を感じてスムーズに大量の便を排出することができます。

 

このような、登校前の朝のトイレで充分に排便することができる排便サイクルが整えば、小学校に行っている時間帯でも便意を感じることが減るのと同時に、便意を無理に我慢することも減って、ある程度、直腸性便秘を予防することができます。

-----Sponsored Link-----

食べ物と子供の便秘について

子供の便秘と食べ物の関係

最近、子供に与える食べ物は、脂肪分を多く含んだ油っこい食品は、肥満防止を意識して、あまり食べさせないような風潮です。

 

しかし、これらの脂肪分は大腸内の便を滑らかに排出させるので、便秘解消や予防には、ある程度の動物性タンパク質や揚げ物などの脂肪や油も必要です。

 

もちろん、食事ごとに野菜や食物繊維をバランス良く食べさせて、食べ物の好き嫌いが多いことも子供の便秘原因となってしまうので、食べ物に含まれている栄養分もチェックされてください。
子供の便秘子供の好き嫌いと便秘

 

子供の場合はバランス良く食事を摂らせるだけでも、便秘解消や予防なども充分にできるので、食事を作る際には気をつけてあげましょう。
子供の便秘食物繊維など便秘解消に効果的な食べ物

 

また、夏は熱中症の予防などで小学校に水筒を持って行くので、こまめな水分補給ができますが、大腸内で便が固まらないようにするには、季節に関係なく水分補給をすることが便秘解消や予防にも効果的です。

 

そのため、小学校で許可されているなら、夏以外の季節でも水筒を持たせて、休み時間などに水分補給を行なう習慣を摂り入れてみてください。

 

ほかにも、大腸を整腸(健康)させる善玉菌に含まれる、ビフィズス菌や乳酸菌が配合されたヨーグルトや大腸内の生きた善玉菌を増やす効果の高純度なオリゴ糖を飲み物や料理に加えて便秘解消や予防をすることができます。

子供 便秘子供の便秘解消に使えるオリゴ糖ランキングはこちら

 

また、腸内の善玉菌が悪玉菌よりも優勢な状態が維持できていると、便秘に対する効果以外にも、花粉症などのアレルギー症状の緩和や冬場に大流行するインフルエンザやノロウィルスなどに対する抵抗力なども高まると言われています。
子供(小学生)の便秘オリゴ糖が持つインフルエンザの予防効果

 

子供の頃から慢性的な便秘症状が続くと、大腸の機能が低下した状態のまま大人になって、今以上に苦労してしまいます。

 

大人になっての体質の土台の大変は子供の頃に形成されます。

 

そして、大人になって今以上に苦労することを未然に防ぐためにも、子供のうちにしっかりと便秘体質を改善しておくことが最も重要です。

-----Sponsored Link-----

 

NEXT:思春期の便秘解消と予防

 

 

本記事を最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。
この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願い致します。

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加


口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング


 

子供(小学生)の便秘解消と予防記事一覧

食べ物の好き嫌いが多い子供さんは便秘に悩まされることが多いようです。便秘解消や予防の為に考えた食事も、なかなか食べてくれないと、親御さんも非常に辛い思いをされることでしょう。特に、野菜嫌いの子供さんは顕著に便秘の症状が見られる場合が多いです。野菜には、食物繊維が豊富に含まれているものが多く、他にもビタミンなどの豊富な栄養素を補給することができるので、今後の健やかな成長のためにも、しっかり食べてもら...