自律神経の乱れと便秘の関連

精神的なストレスが蓄積して、自律神経の乱れが生じると便秘が起こりやすくなると言われています。

 

それは、大腸が排便のために働く運動機能の命令は、自律神経を介して大腸に伝達されるからです。

 

なぜ自律神経と便秘の関連性が高いのか、その理由を確認してみましょう。

自律神経の役割と消化器官(胃・腸)の働き

自律神経とは、人間が生きていくうえで、必要となる神経系統のことです。

 

主に、呼吸や血液の循環、体温の維持、食べ物消化の働きなどは、自律神経が正常に機能しないと生命活動がままならないことに繋がってしまうほど非常に重要な神経系統です。

 

そして、自律神経には交感神経副交感神経の2種類が存在しています。

 

交感神経は起きている時やストレスを感じることで活発になり、副交感神経はリラックスした状態の時に活発になるものです。

 

2種類の自律神経は、それぞれ異なる性質で、お互いに絶妙なバランス維持をすることで、身体の健康状態を保っています。

 

内臓器官の大半では、交感神経が優位になる時に活発に働くものなのですが、胃や腸などの消化器官については、逆に、副交感神経の方が優位の時に活発に働くという特徴があります。

自律神経の乱れが引き起こす便秘の症状

このことから、自律神経の乱れによって便秘になってしまうという場合では、交感神経が明らかに優位になっている状態であると判断することができます。

 

特に、大きなストレスを感じることで副交感神経が鈍って、交感神経が活発になることが腸の動きを鈍らせ、スムーズに排便されなくなってしまうと考えられます。
自律神経 便秘ストレスと向き合う便秘解消

 

また、これまでの過ごしていた状態から、ホルモン分泌バランスが大きく変化する思春期と更年期の女性は、副交感神経が鈍りやすく、便秘解消しにくいと言われるので注意が必要です。
自律神経 便秘思春期の便秘解消と予防について 自律神経 便秘更年期の便秘解消と予防について

 

そして、ストレスによる自立神経の乱れが引き起こしている便秘の症状では、痙攣(けいれん)性便秘のケースが最も多いと言われています。

 

痙攣(けいれん)性便秘は、文字通りに大腸が常に痙攣をしている状態なので、便秘解消が即効だからと市販の下剤を使うと、薬剤の成分が大腸を刺激して、さらに大腸の痙攣状態が悪化することがあるので注意が必要です。
自律神経 便秘下剤を使った便秘解消のメリットとデメリット

自律神経を整えて便秘解消を行うには

自律神経のバランスをうまく調整することが、便秘解消にも繋がりますので、できるだけメリハリのある生活を心がけることが大切です。

 

たとえば、睡眠時間と起床時間が毎日バラバラだったり、食生活の面などでも栄養のバランスが乱れがちという方では、自律神経のバランスを崩しやすく、同様に便秘にもなりやすくなってしまいます。
自律神経 便秘便秘になりやすい人の共通点

 

人間は、夜に暗くなったら寝て、朝に明るくなったら起きるという体内時計に則った生活リズムを保つと、自律神経をうまく切り替えることができるので、自立神経の乱れを実感したら、夜はなるべく早く寝て、朝は太陽の光を浴びて目覚めるようにしてみてください。

 

自立神経を整えたうえでの正しい便秘解消法は、即効性が高まるだけでなく、健康面や美容面でも様々なメリットがあります。
自律神経 便秘便秘解消による身体のデトックス(解毒)効果

 

LINEで送る  このエントリーをはてなブックマークに追加 

口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング