腸内フローラの状態が悪いと表れる弊害

腸内フローラは、健康な人であれば一定のバランスが保たれ、善玉菌が優位な状態になっていますが、何かのきっかけや生活習慣などの原因から慢性的な便秘になり、これまで以上に悪玉菌が増えてしまうと、さまざまな健康上の問題が発生してきます。

 

腸内フローラの状態が悪くなると、排出されなくなった宿便などの腸内の物質の腐敗が進み、健康に悪影響を与える有害な物質が産生され始めます。

 

これらは、アンモニア、硫化水素、アミンなどの毒性の高い物質で構成されている腐敗ガスと言われ、おならや排便などで排出されないままだと大腸内の腸壁から吸収されて、それが血液中に溶け込み全身に運ばれます。

 

つまり、慢性的な便秘状態になっているということは、身体にとって毒素となる成分が溜まり続けている状態です。

 

それは、人間の身体にとって大切な機能である、デトックス(解毒)効果が働いてない状態でもあるのです。
腸内フローラ 悪い便秘解消で回復するデトックス(解毒)効果について

 

腸内フローラの悪化で肌荒れ、アレルギー、精神性疾患も

さらに、こうした毒素は、肌荒れや吹き出物の原因となったり、肝臓や腎臓、心臓などの臓器に負担を与えて、老化促進や発ガンの原因になったりします。

 

そして、これらが腸内フローラの状態が、老化や寿命にも影響するという所以でもあります。

 

腸内フローラの環境が悪いと腸内細菌のバランスが崩れ免疫力が低下して、風邪や口内炎などの感染症にかかりやすくなったり、大腸がんを発症させやすくしたり、肥満や糖尿病、生活習慣病を誘発する、といった健康被害が起きやすくなります。

 

腸内フローラが悪い状態で表れる体調不良

また、腸内フローラの状態が悪玉菌優位になると、身体全体の免疫力が低下することによって、アトピー性皮膚炎、花粉症、ぜんそくなどのアレルギー性疾患、潰瘍性大腸炎などの自己免疫疾患の発症にも繋がります。

腸内フローラ 悪い便秘と各種アレルギーとの関連

 

さらに最近の研究でわかってきたことでは、ドーパミンやセロトニンなどの物質が脳に送られなくなり、ウツ病などの精神性疾患の原因となったり、認知症、自閉症などにも関わりを持つということがあります。

 

これは、大腸を制御する役割を持っている自律神経の副交感神経が、慢性便秘の状態では必要以上に働き過ぎることが影響していると言われています。
腸内フローラ 悪い自律神経の乱れと便秘について

 

このように、多くの病気と関わりを持つ腸内フローラを良好な状態に保ち、腸内細菌の働きを低下させないためにも、根本原因となる便秘解消を即効で進めるのと同時に、便秘になりにくい生活習慣を意識しながら善玉菌配合や生成を助けるサプリメントなどを利用するのも効率的です。

腸内フローラ 悪い善玉菌サプリメントランキング

 

ただ、女性が非常に便秘になりやすい時期でもある安定期以降で臨月までの妊娠期間中出産後の授乳期間中は、サプリメントの中にお腹の赤ちゃんや母乳に影響する成分などが配合されていないかを注意しなければなりません。

 

そこで、赤ちゃんの便秘解消にも利用でき、腸内で生きている善玉菌の養分となり、働きを活発にさせるオリゴ糖食品なら副作用などの心配はありません。

腸内フローラ 悪い妊娠中・出産後にも利用できるオリゴ糖ランキング

 

このように、腸内フローラの状態を悪くしないためには、毎日の生活習慣で悪玉菌が優位となる便秘にならないように意識したり、万が一、便秘になってしまったり、今まで以上の効率良く善玉菌を増やしたい場合は、これらを試してみるのも方法の1つです。

 

NEXT:腸内フローラを良い状態に改善するには

 

LINEで送る  このエントリーをはてなブックマークに追加 

口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング


 

腸内フローラの状態が悪いと表れる弊害便秘解消関連ページ

食生活や年齢と腸内フローラの関係
年齢を重ねると腸内の善玉菌が減ることに合わせて腸内フローラも老化します。そうなると便秘だけでなく健康維持や美容など色々な悪影響が表れます。こちらでは年齢に合わせた腸内フローラの関係や腸内フローラを良好な状態にする食生活など紹介しています。
腸内フローラを良い状態に改善するには
どんな人でも加齢で腸内の善玉菌の数が減少して便秘になりやすくなり腸内フローラの状態も悪くなりがちですが、腸内フローラを良い状態に回復させるのは、ちょっとしたことで簡単に改善できます。こちらでは腸内フローラを良い状態に改善する方法を紹介してます。
腸内フローラとストレスの関係
精神的なものなど色々なストレスの影響によって便秘や下痢などお腹の調子が悪くなることをご存知な方は多いと思います。そして、このような腸内環境により腸内フローラの状態も左右されます。ストレスが腸内フローラに及ぼす影響や対策などを解説しています。
腸内フローラのエクオールと肌コンディションの関係
腸内の善玉菌が豊富だと腸内フローラからエクオールという物質が分泌され、このエクオールはお肌の保湿ケア、美白ケア、そして、エイジングケアなど肌コンディションを向上させることが解明されています。腸内フローラのエクオールの効果など解説しています。
腸内フローラとダイエットの関係
太りやすく痩せにくいと言われる肥満体質には腸内フローラの影響があると考えられています。そのため、腸内フローラの状態はダイエットの成否にも大きく影響します。こちらでは腸内フローラとダイエットの関係や腸内の善玉菌を増やす効果など解説しています。