腸内で善玉にもなる悪玉にもなる日和見菌とは

便秘解消の即効性を高めたい方や健康維持や美容の為に腸内環境を意識される方などには善玉菌悪玉菌というのは良く知られている名前ですが、実は腸内フローラのバランスからいうと、最も多く存在しているのが日和見菌です。

 

腸内 日和見菌

通常、健康的な人の腸内フローラの菌の割合は、善玉菌が15%、悪玉菌が10%、そして日和見菌が最も多い全体の75%を占めていると言うのですから驚きです。

 

そもそも、その時の形勢をうかがいながら、常に有利な方の味方になるというのが日和見の意味ですが、その名の通り、日和見菌は善玉菌と悪玉菌のどちらにも属さないというわけではありません。

 

とにかく、善玉菌であろうが悪玉菌であろうが、腸内環境で数が多く優勢の味方になるという少し厄介な菌が日和見菌です。

 

普段、心身ともに健康な状態で腸内環境も善玉菌が優勢な状態なら良いのですが、精神的ストレスや肉体的な疲労の蓄積、女性の場合は分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)の量が大きく変化する妊娠期間中出産後など、何かのきっかけで便秘になってしまい、その影響で悪玉菌が増え勢力を伸ばしはじめると、日和見菌も悪玉菌の味方をするようになります。

 

このように、善玉菌や悪玉菌ほど名前は知られていませんが、日和見菌は、私たちの腸内環境や健康に大きな影響を持つ菌でもあります。

 

主な日和見菌には、バクテロイデスやユクバクテリウム、クロストリジウム、嫌気性連鎖球菌などがあり、これらは、身体が健康的で元気なときは無害な菌ですが、免疫力が弱まった体にとっては、細菌感染による病気を引き起こすこともある、病原菌にもなる怖い菌でもあるのです。

 

そのため、普段からビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やして優勢な状態を保つことで日和見菌を悪玉菌に味方させないためにも、偏った食生活や精神的ストレスを蓄積を蓄積させないように充分な睡眠時間が取れるような生活環境などにも注意して、腸内フローラのバランスを良い状態に保つことが大切です。

 

加齢によっても善玉菌が減り、悪玉菌が増加することが解明されていて、特に、これまでのホルモン分泌量が大きく変化する更年期以降の便秘原因の多くは、善玉菌の減少によって引き起こされていると言っても過言ではありません。
腸内 日和見菌更年期の便秘解消と予防について 腸内 日和見菌高齢者の便秘解消と予防について

 

そのため若いうちから、腸内環境を健康に保つ取り組みを始めるのと同時に、腸内環境を乱す1番の原因となる便秘の解消を即効で行うこと、そして予防にも効果的な生活習慣を維持しておきたいですね。
腸内 日和見菌便秘解消や予防に効果的な生活習慣について

 

LINEで送る  このエントリーをはてなブックマークに追加 

口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング


 

腸内で善玉にもなる悪玉にもなる日和見菌とは便秘解消関連ページ

慢性便秘で腸内に溜まる腐敗ガスとは
慢性便秘になるとおならが臭くなりおなかの中にガスがたまってパンパンになります。このガスは便秘で溜まっている宿便や悪玉菌から作られた腐敗ガスと呼ばれる物で、健康面や美容面にたくさんの悪影響を与えてしまいます。腐敗ガスと原因の便秘解消について。
便秘で増加する悪玉菌とは
便秘の悩みがあると腸内環境や、それを左右する善玉菌や悪玉菌という言葉が気になってしまい、そうなると如何に善玉菌を増やすかという点だけに注目されがちですが、同時に悪玉菌のことを知っておくことも大切です。こちらでは、悪玉菌について解説しています