食生活や年齢と腸内フローラの関係

腸内フローラの様子は、人それぞれまったく違うもので、その人その人の個性があるように、環境や年齢、性格、食生活、ストレスの具合、生活習慣など、さまざまな条件で異なってくると言います。

 

善玉菌が多い赤ちゃんの腸内フローラ

例えば、生まれたばかりの赤ちゃんの腸内には、ビフィズス菌がたくさんあり、特に母乳育児の赤ちゃんでは、腸内細菌の90%以上が善玉菌(ビフィズス菌)なので、大人と比べて圧倒的に便秘になることが少ないと言われています。

 

また、母乳ではなく粉ミルクで育つ赤ちゃんも、母乳には劣るものの、善玉菌が優位であることは変わりません。

 

ただ、母乳しろ粉ミルクにしろ離乳食前の赤ちゃんは絶対に便秘がないと言えないので、もし『便秘かな?』と疑問を感じたら、すぐに確認することが大切です。
年齢 腸内フローラ赤ちゃんの便秘解消と予防について

 

ところが、その赤ちゃんも離乳食を摂るようになる早い子では生後3ヶ月以降から、腸内フローラの状態も大人にだんだん似てくることと同時に、次第にビフィズス菌も減ってきて、悪玉菌が見られるようになり、これに関連して、多くの人が生まれて初めて便秘を経験するのは離乳食の期間中と言われています。
年齢 腸内フローラ離乳食の赤ちゃんの便秘について

 

大人の腸内フローラについて

このように、加齢による善玉菌が減少することに合わせて、大人になるにつれ悪玉菌が増え、老人になると腸内菌の総数も減ってきて、悪玉菌の代表でもあるウェルシュ菌が増えます。

 

そして、大人になって腸内の善玉菌が減少する原因は、加齢によるものだけでなく、不規則な生活習慣や飲酒、喫煙、そして、仕事などで受ける精神的ストレスなど多岐にわたり、これは、腸内フローラの老化と言われる現象で、それに合わせて便秘の悩みを抱える高齢者の方も多いです。

 

また、一般的に男性に比べて女性の方が便秘になりやすく腸内の悪玉菌が優勢になる状態が多いように思われがちです。
年齢 腸内フローラ女性が便秘になりやすい理由

 

しかし、男女の性別によって腸内フローラの様子が違うということはほとんどなく、食習慣や生活習慣が大きく関わっているとされ、このような点を意識して実践されれば、腸内フローラの状態は良くも悪くもできるということです。

 

基本的に健康な人の腸内フローラは、善玉菌が優位となっているために便秘なることも少ないので、必要以上な悪玉菌の繁殖を抑え、一定のバランスを保っています。

 

しかし、慢性的な便秘状態に陥ってしまい、このバランスが崩れ善玉菌よりも悪玉菌が優位となると、腸内では残留物などの腐敗が進み、有害物質が増えて健康を損なう原因にもなります。

 

このように、年齢を重ねるほどに善玉菌が減少するので、それに合わせて注意を払いたいのが腸内フローラを良い状態に保つことで、毎日の健康管理の積み重ねによって、善玉菌を増やして多い腸内環境を守るようにしたいものです。

 

NEXT:腸内フローラの状態が悪い場合

 

LINEで送る  このエントリーをはてなブックマークに追加 

口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング


 

食生活や年齢と腸内フローラの関係便秘解消関連ページ

腸内フローラの状態が悪いと表れる弊害
便秘とは無縁で腸内の善玉菌が優勢だと腸内フローラの状態も良く色々なメリットが表れますが、逆に腸内フローラの状態が悪いと疾病など身体に対する色々なデメリットの原因になります。腸内フローラの状態が悪いと、どんな事が引き起こされるか解説してます。
腸内フローラを良い状態に改善するには
どんな人でも加齢で腸内の善玉菌の数が減少して便秘になりやすくなり腸内フローラの状態も悪くなりがちですが、腸内フローラを良い状態に回復させるのは、ちょっとしたことで簡単に改善できます。こちらでは腸内フローラを良い状態に改善する方法を紹介してます。
腸内フローラとストレスの関係
精神的なものなど色々なストレスの影響によって便秘や下痢などお腹の調子が悪くなることをご存知な方は多いと思います。そして、このような腸内環境により腸内フローラの状態も左右されます。ストレスが腸内フローラに及ぼす影響や対策などを解説しています。
腸内フローラのエクオールと肌コンディションの関係
腸内の善玉菌が豊富だと腸内フローラからエクオールという物質が分泌され、このエクオールはお肌の保湿ケア、美白ケア、そして、エイジングケアなど肌コンディションを向上させることが解明されています。腸内フローラのエクオールの効果など解説しています。
腸内フローラとダイエットの関係
太りやすく痩せにくいと言われる肥満体質には腸内フローラの影響があると考えられています。そのため、腸内フローラの状態はダイエットの成否にも大きく影響します。こちらでは腸内フローラとダイエットの関係や腸内の善玉菌を増やす効果など解説しています。