便秘と下痢が交互に続く症状とは?

便秘 下痢

便秘に悩む人も多い現代ですが、便秘と下痢の症状が交互に現れてお腹が辛い…と訴える方も増えていて、この症状をそのまま放置しているのは危険です。

 

便秘と下痢の症状が顕著に表れてしまう病気としては「過敏性腸症候群(IBS)」があります。

 

特徴として、主に午前中に下痢が起こりやすいため、仕事などの生活面で支障を与えるケースが多いこと、便秘と下痢を繰り返し、非常に辛い思いをすることなどがあげられます。

 

ほかにも、吐き気や頭痛、頻尿などの症状を伴う場合もあって、重症になると日常生活がままならなくなってしまう場合もあります。

 

仕事や家庭において、大きなストレスを感じやすい方に発症しやすい病気だと言われています。

 

下痢は、過剰に精神的ストレスを感じると、セロトニンという神経伝達物質が大量に発生して、腸の動きを活発にさせるので起こると言われています。

 

これは、腸にたくさんの自律神経を中心とした、神経細胞が存在しているため、神経伝達物質の影響を受けやすいという特徴があるからです。

 

このような症状にお悩みの方は、すぐにでも医師の診察を受けて適切な処置を受けることで症状が緩和されます。

 

ストレスは、便秘も下痢も悪化させる原因になりますので、適度にストレスを解消することが根本的な治療に必要となります。
便秘 下痢便秘とストレス

便秘と下痢が交互症状は、がんや自律神経失調症のケースも

もうひとつの注意点では、大腸がんや直腸がんなどの腸に発生する悪性腫瘍が原因である場合です。
便秘 下痢便秘が原因のがん(悪性新生物)について

 

今までは、スムーズなお通じだった方が、便秘や下痢を繰り返すという便通の異常が発生した場合は、腸に何らかの障害が起こっている可能性が高いです。

 

そして、病院で詳しい検査をした結果、腸に悪性腫瘍が見つかるケースがよくあるので、いつもと便通が違うなどと感じる場合などは、迷わず病院で医師に相談されることをおすすめします。
便秘 下痢便秘で病院に行く目安は?

 

また、自律神経失調症なども便秘と下痢を繰り返すという症状が表れるので、素人判断で放置をしないようにしてください。
便秘 下痢自律神経の乱れと便秘の関連

 

腸内を善玉菌優勢の状態を保ち、腸内環境を整える便秘解消法が、健康に直結することになります。
便秘 下痢善玉菌の整腸作用と便秘解消効果

 

便秘解消も色々な方法がありますが、まずは、身体に負担を掛けない即効性の高い便秘解消で、腸の調子を整えることを意識した対策が必要になります。

 

LINEで送る  このエントリーをはてなブックマークに追加 

口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング


 

便秘と下痢が交互に続く症状とは?便秘解消関連ページ

便秘が原因のがん(悪性新生物)について
便秘は病気ではありませんが、それが原因となり大腸がんや直腸がんを併発してしまいます。便秘が原因となるガンについてや慢性的な便秘を解消する方法などを解説しています。