便秘解消に即効な腸内洗浄のメリットとデメリット

腸内洗浄 便秘解消

インターネットを見ていると慢性的な便秘を悩んだあげく、便秘解消の即効性や美容効果など求めて、腸内洗浄を実践したという人の体験談が数多くあります。

 

腸内洗浄は必要な道具があれば、いつでも自宅で行うことができるため、手軽な存在になってきてますが、腸内洗浄は本来、身体にとって大きな負担をかけてしまいます。

 

専門機関による診断の結果によって、治療の一環として行う腸内洗浄なら安全性もと確認されていますが、正しい知識と方法でなく、自己流の腸内洗浄での便秘解消を行うことには、たくさんのデメリットがあります。

腸内洗浄キットを使った便秘解消のデメリット

腸内洗浄では蓄積された老廃物(便)を即効果で出して、スッキリするというメリットはありますが、万が一、腸内を傷付けてしまうようなことがあれば、それが原因で腸の病気になる場合があります。

 

まず、使用する道具にも衛生面で、しっかりと気をつける必要があります。

 

自分で消毒をして安心だと思っていても、腸内洗浄に使うための道具に身体に対して害のある細菌などが付いてしまった場合には、腸から入り込んだ細菌が体内で広がり病気の原因にもなります。

 

そして、腸内洗浄だけに頼った便秘解消で効果を出し続けていると、下剤を使った便秘解消のデメリットと同様に、大腸の蠕動(ぜんどう)運動が弱くなってしまいます。
腸内洗浄 便秘解消下剤(便秘薬)での便秘解消

 

健康的で自然な排便の場合は、自律神経の1つである副交感神経が、大腸内にある程度の量が溜まった老廃物(便)を感知することによって脳から指令を出し、その結果、大腸の蠕動運動をはじめとする各内臓器官が健康状態を維持するために、排便を促がします。

 

しかし、下剤のように薬の成分で大腸に刺激を与えたり、腸内洗浄で強制的に排便させるような便秘解消法を続けていると、これまで、自然な排便を促がしていた身体の各機能が衰えます。

 

そして、大腸が何かの刺激を受けなければ排便できなくなってしまい、その結果、大腸が蠕動運動を行うための力まで衰えて、最終的には、その力も無くなってしまうのです。

 

また、腸内洗浄は物理的な力で腸内の老廃物を押し出すので、それらと一緒に腸内の健康維持に必要な乳酸菌や善玉菌(ビフィズス菌)も押し出すといったデメリットもあります。

 

そのため、病院などの専門機関で腸内洗浄をした場合は、事後確認として腸内細菌の状態を再度確認しています。

 

また、腸内洗浄キットなどの宣伝PR文などで『数年間たまった宿便が解消』『大腸のヒダにこびり付いてる宿便を出す』などと言った言葉がありますが、これは全くの間違いです。

 

宿便と言われる物が、このような形で蓄積されることは、大腸の動きや細胞が再形成されることを考慮すると考えられないことなのです。
腸内洗浄 便秘解消便秘で腸内に溜まる宿便とは?

 

このように色々と大きなデメリットを持ってる腸内洗浄というのは、本来、自分で頻繁に行って良いものではありません。

 

インターネットの口コミを見ると、簡単に腸内洗浄をすることができるように書かれていますが、こうした口コミに惑わされて、自分の身体を傷つける前に腸内洗浄でなく、もっと自然に便秘解消できる方法を実践されてください。

 

NEXT:お茶での便秘解消

 

 

本記事を最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。
この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願い致します。

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加


口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング