腸内環境の腸内フローラとは?

腸内フローラというのは、私たちの腸内に生息する、腸内菌がびっしりと張り付いた腸粘膜の様子を言う呼び名で、最近、マスコミ等でも取り上げられ、話題になっている言葉です。

 

私たちの腸内には、500〜1000種類に及ぶ細菌類が棲みついていて、その数は500〜1000兆個にもなると考えられており、重さにすると1.5〜2sもあるそうです。

 

そして、腸内細菌には善玉菌と悪玉菌があることは良く知られていますが、その他にもう1つ、腸内環境によって善玉菌にも悪玉菌も加担してしまう日和見菌という菌があります。

 

また、善玉菌や悪玉菌という呼び名は、身体に対する効果の総称ですが、具体的な細菌名としては、以下のものがあります。

これら3種類の菌が、私たちの健康や肥満も含めた体質、そして寿命までも左右するということがわかり、腸内菌の研究もどんどん進んでいます。

 

また、便秘の悩みを抱えている方は、間違いなく悪玉菌が優勢で日和見菌も加担しているので、このような悪循環を持続させない為にも、即効性の高い便秘解消を実践される必要があります。
腸内環境 腸内フローラ慢性便秘中の腸内について

-----Sponsored Link-----

腸内での腸内フローラの働き

腸内環境 腸内フローラ

腸内フローラの「フローラ」という言葉は、お花畑を意味するもので、腸粘膜の壁面にびっしりと、種類ごとに固まって張り付いている様子が、まるでお花畑のように色鮮やかで美しいことからついた呼び名だそうです。

 

日本語では、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)と言い、病原菌が定着するのを阻止したり、免疫系を活性化してアレルギー物質から身体を守ったり、アレルギーを発症する原因物質であるアレルゲンを便と一緒に体外に排出させる働きがあります。
腸内環境 腸内フローラ便秘とアレルギーの関連について

 

しかし、その一方で、慢性的な便秘状態が続いた影響などで、悪玉菌が優勢な環境の腸内フローラになってしまうと、大腸がんなどを誘発する発がん性物質の産生や老化促進、内臓系に影響して疾患の原因になるなどの怖い働きも持っています。
腸内環境 腸内フローラ便秘が原因の病気について

 

このように、善玉菌、悪玉菌、日和見菌で構成される腸内フローラですが、その腸内環境の中で最も多いのが日和見菌なので、普段から日和見菌が善玉菌の味方になるような生活習慣を送ることが重要になってきます。
腸内環境 腸内フローラ腸内フローラを改善するには

 

また、腸内フローラを構成する腸内細菌を良い状態に保っていくことで、私たちはより健康でいられることと同時に、乾燥肌や敏感肌などとは無縁になる良好な肌コンディション維持を含めたアンチエイジングやダイエットなどの美容面でも非常に良い効果を与えられことも解明されています。
腸内環境 腸内フローラ腸内フローラとダイエットの関係について

 

これは、腸内フローラが良い状態で分泌されるエクオールという物質が、お肌のハリ・ツヤを保ちエイジングケアに必要不可欠なコラーゲン生成を促進させることにあります。
腸内環境 腸内フローラ腸内フローラのエクオールと肌コンディションの関係

 

そして、善玉菌優位な腸内環境を作ることが、これからの健康管理に大きな意味を持ってくることでしょう。

 

そして、善玉菌優位な腸内環境を作るには、腸内の生きた善玉菌の養分となるオリゴ糖食品を摂取したり、さらに効率を求める方は善玉菌が配合のサプリメントなどを摂取する方法などがオススメです。

 

腸内フローラの状態を悪くする1番の原因である慢性的な便秘の悩みを抱えている方は、これらを利用することで便秘解消の即効性が高まり、また、便秘の悩みが無い方でも善玉菌を増やす事を意識されていれば、腸内からの健康維持や美容面でも良い方向に向かうと思います。

腸内環境 腸内フローラオリゴ糖食品ランキング 腸内環境 腸内フローラ善玉菌サプリメントランキング

-----Sponsored Link-----

NEXT:便秘解消や予防に効果的な生活習慣

 

 

本記事を最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。
この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願い致します。

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加


口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング


 

腸内環境と腸内フローラについて記事一覧

腸内フローラの様子は、人それぞれまったく違うもので、その人その人の個性があるように、環境や年齢、性格、食生活、ストレスの具合、生活習慣など、さまざまな条件で異なってくると言います。例えば、生まれたばかりの赤ちゃんの腸内には、ビフィズス菌がたくさんあり、特に母乳育児の赤ちゃんでは、腸内細菌の90%以上が善玉菌(ビフィズス菌)なので、大人と比べて圧倒的に便秘になることが少ないと言われています。また、母...

腸内フローラは、健康な人であれば一定のバランスが保たれ、善玉菌が優位な状態になっていますが、何かのきっかけや生活習慣などの原因から慢性的な便秘になり、これまで以上に悪玉菌が増えてしまうと、さまざまな健康上の問題が発生してきます。腸内フローラの状態が悪くなると、排出されなくなった宿便などの腸内の物質の腐敗が進み、健康に悪影響を与える有害な物質が産生され始めます。これらは、アンモニア、硫化水素、アミン...

腸内フローラの状態は、生活環境や生活習慣、食習慣などの影響を大きく受け、加齢を重ねることによって悪化していきます。さらに、年齢が高くなるほど悪化しやすい腸内環境では、善玉菌よりも悪玉菌が優勢になりやすいことに合わせて、慢性便秘を併発するという悪循環に陥りやすいので、便秘の解消は即効で行わなければなりません。これらが原因で、悪くなった腸内フローラの状態を改善するには、適度な運動をする、睡眠をしっかり...

腸内フローラの良し悪しの状態には、精神的なストレスも大きな影響を与えることが解明されています。加齢や食生活と並んで精神的なストレスが原因で善玉菌を減らしてしまうことに比例して、慢性的な便秘を誘発しやすくなることも調査によって明らかですし、精神的なストレスが原因となる痙攣(けいれん)性便秘という症状も存在します。便秘とストレスの関係たとえば、過度なストレスにさらされた宇宙飛行士の善玉菌が減り、悪玉菌...

腸内フローラの状態は、肌コンディションなど美容面にも大きく影響しています。腸内フローラのバランスを乱す1番の原因である慢性的な便秘状態が続いて悪玉菌が優勢な腸内環境になると、人によっては肌あれやニキビ、吹き出物など跡が気になる肌トラブルが頻発しやすくなります。このように、色々な面でお肌のコンディションが、慢性的な便秘状態の悪影響で全体的に低下してしまいます。さらに、季節の変わり目などでも肌が赤くな...

腸内フローラの状態が、肥満体質の状態やダイエットの成否などにも大きく関係していることが、最近の研究で解明されました。ある実験では、全く同じ食事を3日間続けた同じ年齢の女性2人の間に、1sの体重の差が生まれたということなのですが、その2人の女性の差が便通にあったというのです。男性に比べると女性は便秘になりやすいのですが、慢性的な便秘体質の女性は普段から痩せにくく太りやすいと感じているそうです。逆に普...