腸内フローラのエクオールと肌コンディションの関係

腸内フローラの状態は、肌コンディションなど美容面にも大きく影響しています。

 

腸内フローラのエクオール不足による肌荒れ

腸内フローラのバランスを乱す1番の原因である慢性的な便秘状態が続いて悪玉菌が優勢な腸内環境になると、人によっては肌あれやニキビ、吹き出物など跡が気になる肌トラブルが頻発しやすくなります。

 

このように、色々な面でお肌のコンディションが、慢性的な便秘状態の悪影響で全体的に低下してしまいます。

 

さらに、季節の変わり目などでも肌が赤くなりやすかったり、一年を通じて最も空気の乾燥が厳しくなる冬場には、乾燥肌敏感肌に悩まされることもあります。
腸内フローラ エクオール便秘による美容への悪影響

 

その原因は悪玉菌が産生する有害物質が含まれた腐敗ガスが、血液中に溶け込んで全身を循環するためです。
腸内フローラ エクオール慢性便秘中の腸内に充満する腐敗ガス

 

たとえば、セラミドなどが配合された高品質な保湿化粧品を使い続けていても改善されなかった敏感肌が、同時に悩んでいた便秘の解消を即効で行うことによって改善されたという話も少なくありません。

 

便秘が解消されるということは、当然、悪玉菌よりも善玉菌が増えて優勢な腸内環境になるだけでなく、それに比例して腸内フローラも改善されています。

 

そのため、便秘の悩みがない人でも肌荒れが気になる人は、便秘解消や予防効果をサポートしながら善玉菌を増やす食品である食物繊維やオリゴ糖、発酵食品などを毎日の食生活で積極的に摂り入れるようにするだけでも違いを感じるはずです。
腸内フローラ エクオール善玉菌を増やし便秘解消の即効性や予防を助ける食べ物

 

お肌のエイジング効果に注目されるエクオール

また、最近では腸内フローラが作り出すエクオールという物質が、肌の若々しさを保つと言われています。

 

エクオールは一般的にエストロゲンという女性ホルモンに似ている物質です。

 

また、大豆に多く含まれる大豆イソフラボンも女性ホルモンに近いのですが、さらに、大豆イソフラボンを腸内細菌が分解することで生成されるエクオールは、より女性ホルモンに近いと言われています。

 

基本的にエストロゲンという女性ホルモンは、主に排卵期に分泌量が多くなる女性ホルモンで、この時期はお肌のハリ・ツヤや良かったり保湿力が高まるなど肌コンディションを上げる作用があります。

 

しかし、その一方で、排卵後に分泌量が多くなり、女性の便秘原因にもなることが多い黄体ホルモン(プロゲステロン)は、肌コンディションを下げてしまいます。
腸内フローラ エクオールホルモン分泌と肌コンディションの関係(別サイト)

 

そして、エクオールが女性ホルモンであるエストロゲンに似ていると考えられている根拠の中に、肌内のコラーゲンを増やすと効果があり、実験でエクオールを飲んだ40代や更年期の近い50代女性たちのシワが改善されたという調査結果あります。

 

また、女性ホルモンに関連することでは、40代後半から50代にかけて女性ホルモンの分泌量が減ることで現れる身体の気だるさやイライラ感、さらには更年期障害の緩和を目的とした製品もあります。

エクオール

 

さらに厳密に言うと、エクオールが分泌されることで、古い肌細胞と一緒にシミやくすみなど肌トラブルの原因となる、日焼けで肌内に作られたメラニン色素など押し出して、コラーゲンだけでなく、ヒアルロン酸、セラミドなどの美肌や保湿成分が豊富に含まれた新しい肌細胞に再生させる、肌のターンオーバーという新陳代謝が活発になるためです。

 

エクオールと美肌ケア

つまり、腸内フローラが良い状態でエクオールの分泌が多いということは、そのまま、保湿ケア美白ケア、そして、40代から気になるエイジングケアも有利になるのです。

 

実際に、悪玉菌が増えると身体の酸化(老化)が進むことが解明されていて、肌コンディション以外でも身体全体の健康を維持する為のアンチエイジングにも、腸内フローラを整えることがとても重要な意味を持つのです。

 

また、大豆以外にも味噌やしょう油、キムチ、チーズなどの発酵食品や食物繊維が豊富な野菜、きのこ類、海藻類などは、出来るだけ食卓にのせる回数を増やし、健康的な腸内フローラを作りましょう。
腸内フローラ エクオール腸内フローラを良い状態に改善するには

 

このように、いつまでも美しいお肌を保つためにも、オリゴ糖食品善玉菌配合のサプリメントを利用するなど、腸内フローラやエクオール分泌の土台となる善玉菌を増やす努力は欠かせないのと同時に、現状の便秘を即効で解消したり、そうでない人も便秘にならないように予防することも欠かせません。

腸内環境 腸内フローラオリゴ糖食品ランキング 腸内環境 腸内フローラ善玉菌サプリメントランキング

 

NEXT:腸内フローラとダイエットの関係

 

 

本記事を最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。
この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願い致します。

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加


口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング


 

腸内フローラのエクオールと肌コンディションの関係便秘解消関連ページ

食生活や年齢と腸内フローラの関係
年齢を重ねると腸内の善玉菌が減ることに合わせて腸内フローラも老化します。そうなると便秘だけでなく健康維持や美容など色々な悪影響が表れます。こちらでは年齢に合わせた腸内フローラの関係や腸内フローラを良好な状態にする食生活など紹介しています。
腸内フローラの状態が悪いと表れる弊害
便秘とは無縁で腸内の善玉菌が優勢だと腸内フローラの状態も良く色々なメリットが表れますが、逆に腸内フローラの状態が悪いと疾病など身体に対する色々なデメリットの原因になります。腸内フローラの状態が悪いと、どんな事が引き起こされるか解説してます。
腸内フローラを良い状態に改善するには
どんな人でも加齢で腸内の善玉菌の数が減少して便秘になりやすくなり腸内フローラの状態も悪くなりがちですが、腸内フローラを良い状態に回復させるのは、ちょっとしたことで簡単に改善できます。こちらでは腸内フローラを良い状態に改善する方法を紹介してます。
腸内フローラとストレスの関係
精神的なものなど色々なストレスの影響によって便秘や下痢などお腹の調子が悪くなることをご存知な方は多いと思います。そして、このような腸内環境により腸内フローラの状態も左右されます。ストレスが腸内フローラに及ぼす影響や対策などを解説しています。
腸内フローラとダイエットの関係
太りやすく痩せにくいと言われる肥満体質には腸内フローラの影響があると考えられています。そのため、腸内フローラの状態はダイエットの成否にも大きく影響します。こちらでは腸内フローラとダイエットの関係や腸内の善玉菌を増やす効果など解説しています。