腸内フローラとストレスの関係

腸内フローラの良し悪しの状態には、精神的なストレスも大きな影響を与えることが解明されています。

 

加齢や食生活と並んで精神的なストレスが原因で善玉菌を減らしてしまうことに比例して、慢性的な便秘を誘発しやすくなることも調査によって明らかですし、精神的なストレスが原因となる痙攣(けいれん)性便秘という症状も存在します。
腸内フローラ ストレス便秘とストレスの関係

 

レンジャー部隊の過酷な訓練のストレスで腸内フローラが減少

たとえば、過度なストレスにさらされた宇宙飛行士の善玉菌が減り、悪玉菌が増えたという報告や、あえて過酷な条件で訓練をする自衛隊のレンジャー部隊では、訓練前には健康だった腸内フローラが2週間の訓練後は老人のような状態になっていたそうです。

 

善玉菌が精神的なストレスなどによって減ってしまうと、当然、腸内フローラは悪玉菌優位な状態になり、腸内環境を中心とした身体全体の健康状態も悪くなります。

 

腸内フローラが不健康な状態だと、今度は身体や精神がストレスに弱い状態になることで、免疫力の低下で風邪を引きやすくなったり、ウツや自律神経失調症などの深刻な精神疾患の引き金となることもあります。
腸内フローラ ストレス腸内フローラの状態が悪いと表れる弊害

 

腸内フローラと自律神経が同時に乱れる悪循環

もうひとつ、ストレスが腸内フローラの状態に影響する理由があります。

 

ストレスで腸内フローラが乱れてお腹の調子が悪くなる

毎日の小さなストレスの蓄積の蓄積だけでなく、大切な方が亡くなるなど大きなストレスがあると、その影響で便秘と下痢を繰り返すなど、お腹の調子が悪くなるという人が多いというのは、ご存知の方も多いと思います。

 

これは、様々なストレスが交感神経と副交感神経で構成される、自律神経全体に悪影響を与えるために起きる現象です。

 

毎日のスムーズな排便に欠かせず、便秘解消や予防に重要な大腸の蠕動運動ですが、これは、自律神経によってコントロールされているため自律神経の働きが悪くなると、老廃物(便)を排出させる蠕動運動にも乱れが出てしまい大腸の動きが鈍くなり、それが便秘に繋がるのです。
腸内フローラ ストレス自律神経の乱れと便秘について

 

その結果、慢性的な便秘になりやすく、それにより悪玉菌が増える原因となり腸内フローラも悪くなってしまいます。

 

また、過度なストレスは副交感神経の働きにも影響を与え、通常は副交感神経は睡眠中など精神的にリラックスした状態で活発になります。

 

しかし、ストレスが原因で睡眠時間が減ったり眠りそのものが浅くなると、副交感神経の働きが弱まってしまい、先程の大腸の蠕動運動が鈍くなって便秘になります。

 

逆に、副交感神経が活発になることと同時に、大腸の蠕動運動まで活発になりすぎると、水分の多い下痢になってしまいます。

 

下痢の状態を『お腹がゴロゴロする』という言葉で表すことを聴かれたことがあると思いますが、これは、蠕動運動が頻繁になっている状態を指すと言われています。

 

また、ストレスを感じる状態が長く、その際、短期間で便秘と下痢が繰り返される状態は、過敏性腸症候群(IBS)を発症した可能性も考えられるので、あまりに長期間続くようであれば、一度、病院での診察を受けた方が良いです。
腸内フローラ ストレス便秘と下痢が交互に繰り返される状態

 

ストレスが原因となる便秘も下痢も悪玉菌を増やし腸内フローラのバランスを崩しますが、逆に便秘や下痢の状態が長く続くと、それらがさらなるストレスになるという悪循環が生まれてしまいます。

 

このように、ストレスは便秘を引き起すことに合わせて、腸内フローラの状態にも大きく関係しているのです。

 

NEXT:腸内フローラのエクオールと肌コンディションの関係

 

 

本記事を最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。
この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願い致します。

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加


口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング


 

腸内フローラとストレスの関係便秘解消関連ページ

食生活や年齢と腸内フローラの関係
年齢を重ねると腸内の善玉菌が減ることに合わせて腸内フローラも老化します。そうなると便秘だけでなく健康維持や美容など色々な悪影響が表れます。こちらでは年齢に合わせた腸内フローラの関係や腸内フローラを良好な状態にする食生活など紹介しています。
腸内フローラの状態が悪いと表れる弊害
便秘とは無縁で腸内の善玉菌が優勢だと腸内フローラの状態も良く色々なメリットが表れますが、逆に腸内フローラの状態が悪いと疾病など身体に対する色々なデメリットの原因になります。腸内フローラの状態が悪いと、どんな事が引き起こされるか解説してます。
腸内フローラを良い状態に改善するには
どんな人でも加齢で腸内の善玉菌の数が減少して便秘になりやすくなり腸内フローラの状態も悪くなりがちですが、腸内フローラを良い状態に回復させるのは、ちょっとしたことで簡単に改善できます。こちらでは腸内フローラを良い状態に改善する方法を紹介してます。
腸内フローラのエクオールと肌コンディションの関係
腸内の善玉菌が豊富だと腸内フローラからエクオールという物質が分泌され、このエクオールはお肌の保湿ケア、美白ケア、そして、エイジングケアなど肌コンディションを向上させることが解明されています。腸内フローラのエクオールの効果など解説しています。
腸内フローラとダイエットの関係
太りやすく痩せにくいと言われる肥満体質には腸内フローラの影響があると考えられています。そのため、腸内フローラの状態はダイエットの成否にも大きく影響します。こちらでは腸内フローラとダイエットの関係や腸内の善玉菌を増やす効果など解説しています。