腸内フローラを良い状態に改善するには

腸内フローラの状態は、生活環境や生活習慣、食習慣などの影響を大きく受け、加齢を重ねることによって悪化していきます。

 

さらに、年齢が高くなるほど悪化しやすい腸内環境では、善玉菌よりも悪玉菌が優勢になりやすいことに合わせて、慢性便秘を併発するという悪循環に陥りやすいので、便秘の解消は即効で行わなければなりません。

 

これらが原因で、悪くなった腸内フローラの状態を改善するには、適度な運動をする、睡眠をしっかりと取る、ストレスを減らすといったことも非常に大切なのですが、毎日、仕事などが忙しく生活習慣が不規則になりがちな人が大半だと思います。

 

腸内フローラを良い状態にする食生活

しかし、その中でも腸内フローラを良い状態にするために、手軽に取り組めながら大きな力を持つのが食生活を見直すことです。

 

そして、腸内環境をはじめとして腸内フローラを良い状態にする食生活は、そのまま便秘解消や予防に効果的な内容と多くの部分が重複します。

 

そのため、便秘になりやすい便秘体質であるのと同時に、普段から身体が疲れやすかったり、風邪をひきやすいなどの症状がある方は、食生活の部分から少しずつでもこのような生活習慣を取り入れられてはいかがでしょうか。
腸内フローラ 良い便秘解消や予防に効果的な生活習慣

 

最初は食事を整えることで腸内フローラを良くする

まずはじめに、善玉菌を増やして腸内環境を整える食べ物を意識して摂るだけでも、腸内環境はどんどん変わっていき、変化も実感しやすいと思いますので、ぜひ取り組んでみて下さい。

 

これは、どんな人でも毎日の食事は欠かさずに行っているので、それだけ腸内環境が整った効果を実感しやすいためです。

 

ただ、女性の場合、ダイエットなどで一日三食の回数を減らしたり、極端に食べる量を減らしたりする方がいます。

 

しかし、逆に一日の活動に必要なエネルギー量を摂取できないと、内臓脂肪皮下脂肪を燃焼させる新陳代謝が鈍くなったり、腸内の古い老廃物が新しく食べた物に押し出されないまま大腸内で固まり、それが原因で便秘を引き起すことがあります。
腸内フローラ 良いダイエットが原因の便秘について

 

また、男性・女性に関わらず一人暮らしをされてる方に多いのが朝食を抜いてしまうことですが、きちんと朝食を食べると胃腸大反射という作用が起こり、それに合わせて大腸が排便を促す蠕動(ぜんどう)運動が引き起こされ、朝の排便がスムーズに行われます。

 

そして朝食と言っても、特に手の込んだ料理でなく最低でもバナナを1本食べるだけで朝食を抜くより断然良いので、朝食は必ず食べるようにしてください。
腸内フローラ 良いバナナが持つ便秘の解消・予防効果

 

腸内フローラと善玉菌を増やすのに良い食材

腸内フローラを良い状態に改善する食材は、主に食物繊維、発酵食品、オリゴ糖、亜麻仁油やエゴマ油などのオメガ3系脂肪酸です。

 

食物繊維には、善玉菌のエサとなって善玉菌を増やし、腸内環境を良くする働きがありますし、腸内に溜まっていた老廃物(宿便)を押し出す効果も含めて、便通を良くして腸内に腐敗物質がたまるのを防ぎ、さらに有害物質に吸着して、体外に排出しやすくしてくれます。

 

また、食物繊維は大腸内で水分を吸収すると膨張して、老廃物を絡めとりながら排出され大腸内を綺麗にする効果が高まるので、食物繊維を含んだ食品と同時に水分補給をすることもオススメです。
腸内フローラ 良い便秘解消や予防に効果的な2種類の水分摂取法

 

ただ、どんな食品でも同じですが、その食品が良いからと過剰に摂取していると、食物繊維の場合は、それが原因で便秘になってしまうこともあります。

 

特に、精神的ストレスの蓄積が原因である痙攣(けいれん)性便秘の状態で、食物繊維を過剰に摂取すると、症状が悪化する場合があるので注意が必要です。
腸内フローラ 良い痙攣(けいれん)性便秘の症状と解消法について

 

ほかにも、野菜、海藻類、きのこ類、豆類などに多く含まれ、とくにゴボウは成分中にオリゴ糖も多く含まれている、おすすめ食材でオリゴ糖は、ビフィズス菌のエサとなって、善玉菌を増やしてくれます。

腸内フローラ 悪い妊娠中・出産後にも利用できるオリゴ糖ランキング

 

そして、ヨーグルトやチーズなどの発酵食品には、善玉菌であるビフィズス菌と一緒に多様な乳酸菌や酵母が多く含まれていて、腸内環境を整えるのに役立ちます。

 

さらに、和食に欠かせない、味噌、しょう油、お酢、ぬか漬け、納豆など昔から良く食べられてきたものには、健康を守る力があります。

 

しかし一番大切なことは、栄養バランスの取れた食生活です。

 

いくら、腸内フローラを良くしたり便秘解消に効果があるからと何かの食材に偏ることなく、色々な栄養素をまんべんなく摂れるような食事を心がけて行きましょう。

 

また、こちらでは、腸内フローラの改善や便秘解消に効果的な食物繊維などの食材の成分含有量などを一覧表で紹介しているので、毎日の食事で献立を決める場合に参考にされては如何でしょうか。
腸内フローラ 良い便秘解消の即効性や予防効果を高める食材一覧表など

 

NEXT:腸内フローラとストレスの関係

 

 

本記事を最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。
この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願い致します。

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加


口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング


 

腸内フローラを良い状態に改善するには便秘解消関連ページ

食生活や年齢と腸内フローラの関係
年齢を重ねると腸内の善玉菌が減ることに合わせて腸内フローラも老化します。そうなると便秘だけでなく健康維持や美容など色々な悪影響が表れます。こちらでは年齢に合わせた腸内フローラの関係や腸内フローラを良好な状態にする食生活など紹介しています。
腸内フローラの状態が悪いと表れる弊害
便秘とは無縁で腸内の善玉菌が優勢だと腸内フローラの状態も良く色々なメリットが表れますが、逆に腸内フローラの状態が悪いと疾病など身体に対する色々なデメリットの原因になります。腸内フローラの状態が悪いと、どんな事が引き起こされるか解説してます。
腸内フローラとストレスの関係
精神的なものなど色々なストレスの影響によって便秘や下痢などお腹の調子が悪くなることをご存知な方は多いと思います。そして、このような腸内環境により腸内フローラの状態も左右されます。ストレスが腸内フローラに及ぼす影響や対策などを解説しています。
腸内フローラのエクオールと肌コンディションの関係
腸内の善玉菌が豊富だと腸内フローラからエクオールという物質が分泌され、このエクオールはお肌の保湿ケア、美白ケア、そして、エイジングケアなど肌コンディションを向上させることが解明されています。腸内フローラのエクオールの効果など解説しています。
腸内フローラとダイエットの関係
太りやすく痩せにくいと言われる肥満体質には腸内フローラの影響があると考えられています。そのため、腸内フローラの状態はダイエットの成否にも大きく影響します。こちらでは腸内フローラとダイエットの関係や腸内の善玉菌を増やす効果など解説しています。