直腸(ちょくちょう)性便秘の解消と対策

直腸(ちょくちょう)性便秘とは、普段から排便を促がす便意を我慢することに慣れてしまい、便が排便される直前の直腸まで下がっているのに、なかなか出せない状態のことを言います。

 

通常は大腸に老廃物である便が溜まりだすと大腸から脳に信号が伝わり、今度は脳から排便の為に大腸を動かす指令が出され便意を感じます。

 

しかし、大腸の指令である便意を我慢し続けることによって、送られてきた指令に対して直腸が鈍感になってしまい、便意を感じなくなってしまいます。

 

便意は身体にとって健康を保つための最も効果的な、自然な排便を促す大切なシグナルです。

 

また、最近では、小学校などでトイレに行くことを恥ずかしがって我慢する男の子に多い便秘の種類とも言われています。
直腸性便秘 症状子供の便秘解消と予防

悪循環が怖い直腸性便秘

長い間、腸に留まってしまった便は、柔らかくして排出するための水分が吸収されて硬くなってしまい、余計に出し辛くなる悪循環を引き起こしてしまいます。

 

この状態で便を出そうと、大腸に刺激や負担を与えてしまう下剤(便秘薬)や腸内洗浄を使用すると、ますます直腸は神経が鈍くなり、大腸の蠕動(ぜんどう)運動能力が今以上に下がってしまいます。
直腸性便秘 症状下剤(便秘薬)での便秘解消 直腸性便秘 症状腸内洗浄での便秘解消

 

また、ひどくなると痔になったり、酷い場合だと大腸ガンの原因をも作ったりする事もあります。

 

そして、直腸部分は大腸の中でも最もガンが発生しやすい場所と言われますが、最新の厚生労働省の調査による女性のガン発症部位の第1位は胃ですが、数年のうちに現在の順位が2位である大腸が1位になると言われ、この背景には、年々、慢性的な便秘で悩む女性が増加していることが原因と言われます。
直腸性便秘 症状便秘が原因のがん(悪性新生物)について

 

このように、便秘と一言で言っても、症状などもその人によっては色々な種類があるので、自分がどのタイプの便秘なのか知る必要があります。

 

そうしなければ、便秘解消の即効性が低くなるだけでなく、間違った対処法が原因で症状を悪化させてしまう場合もあります。
直腸性便秘 症状便秘の種類と対策

直腸性便秘を解消するには

直腸性便秘を解消するのに大切なのは、適度な水分摂取、食物繊維や腸内環境を整える善玉菌(ビフィズス菌、乳酸菌)含む食べ物を毎日の食事で、バランスよく摂取して便意を促します。

 

そして、何よりも直腸性便秘の解消や予防に重要なことは、便意を感じた時には無理な我慢をしないで、すぐにトイレに行くことが大切です。

 

ただ、人によっては仕事の内容で、どうしても、便意を感じてもすぐにトイレに行くことができない場合もあります。

 

しかし、完全に脳から指令として送られる便意をコントロールすることはできませんが、なるべく仕事中に便意を感じないようにする方法はあります。

 

それは、毎日朝食を食べた後にかならずトイレに行って、しっかりと排便しておくことです。

 

人間にとって1番自然な便意は起床して朝食後だと言われますが、これは、前日に食べた物の大半が気分がリラックスしている状態の就寝中に、副交感神経が胃腸の消化吸収を活発にさせて老廃物(便)を作り、朝食を食べることの刺激が胃腸反射となって、大腸が排便をさせる蠕動(ぜんどう)運動が促進されるためです。

 

さらに、このタイミングでしっかりと排便されていれば、職場や学校で昼食を食べたとしても胃や腸には食べ物を受け入れる余裕があるので、特別におなかの調子が悪い状態でなければ、便意を感じることは少なくなります。

 

そして、このような身体にとって自然な排便を促がされる朝食後のタイミングを、さらに効果的にするには規則正しい生活習慣と充分な睡眠時間が必要になります。

 

慢性的に便秘の悩みを抱えてる人は、少しでも早くその辛さを解消させたい為に、どうしても即効性の高い方法を求めてしまい、市販の下剤(便秘薬)などで無理やり強行突破する傾向にあります。

 

そうではなくて、なるべく自力で便を出せる様に体質改善をしましょう。

 

体質そのものが改善されなければ、いつまでも根本的な便秘原因の部分も改善されずに、この先も便秘の悩みを抱えて下剤などに頼りっきりになってしまいます。

 

そう考えただけでも本当に怖くなってしまいますね。

 

便秘解消を本気で考えているのなら、自分で出来ることは実践し、それにより自然と便秘解消につながるでしょう。

 

 

本記事を最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。
この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願い致します。

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加


口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング


 

直腸(ちょくちょう)性便秘の解消と対策便秘解消関連ページ

弛緩(しかん)性便秘の解消
弛緩(しかん)性便秘は大腸の運動力が低下することで起こる便秘で高齢者や女性に多い便秘の種類と言われます。弛緩(しかん)性便秘の症状や解消法、そして予防法などを紹介しています。
痙攣(けいれん)性便秘の解消
痙攣(けいれん)性便秘は精神的なストレスなどで大腸が痙攣状態となり、排便する力が弱まって起こる便秘と言われます。痙攣性便秘時に食べてはいけない物や正しい痙攣性便秘の解消法などを解説しています。