痙攣(けいれん)性便秘の解消と対策

痙攣(けいれん)性便秘とは、日頃感じてる精神的ストレスの蓄積、それに伴って、睡眠時間が不足することなどが重なってしまい、大腸が過剰に働きすぎて便が出にくくなるという症状です。

 

痙攣性便秘の症状の代表的な特徴は、便意を感じても便そのものが少ししか排出されず、排出される便の状態がコロコロとうさぎの様な硬い便となっています。

 

原因は、ストレスを感じることで大腸が痙攣(けいれん)を起こすことなのですが、人間は精神的ストレスが蓄積され続けると、自律神経の働きが乱れてしまい、交感神経副交感神経のバランスが壊れてしまいます。

 

通常、起きている時は自律神経の交感神経が働きが優先され、睡眠中やリラックスした状態では副交感神経が優先されます。

 

そして、副交感神経は大腸などの内臓機能を働かせる役割があるのですが、自律神経の働くバランスが乱れると、ずっと副交感神経だけが優先されてしまい、その結果、大腸が痙攣を起こしてしまい痙攣性便秘になってしまいます。
痙攣(けいれん)性便秘 症状自律神経の乱れと便秘

 

また、人によっては痙攣(けいれん)性便秘で表れる症状としては、短期間で便秘の症状と下痢の症状が交互に繰り返されるケースもあります。
痙攣(けいれん)性便秘 症状便秘と下痢が短期間で交互に繰り返される症状

痙攣(けいれん)性便秘を解消するには

痙攣(けいれん)性便秘の解消法として最も確実なことは、とにかく1番の根本原因となっているストレス要因を解消することで、それがはっきりしているのならば、ストレス要因を取り除いてしまえば良いのです。
痙攣(けいれん)性便秘 症状便秘とストレス

 

しかし、このように言のは簡単ですが、最近は幼児でもストレスで便秘になると言われている現代社会では、学校や職場など組織に属していて人間関係がある限りは、どんな人でもよほどのことが無ければ精神的ストレスとは無縁でいることはできません。

 

そうなると、最初からストレスはあるものと考えて、便秘原因となる精神的ストレスを蓄積させないように、普段からどのようにストレスを解消させるかを考えておくことが大切です。

-----Sponsored Link-----

そのためには、毎日の生活の中で少しでも自分の好きなことができてリラックスできる時間を取ったり、あまり嫌なことを考えないように早めに就寝したり、軽く身体を動かしたりすることが効果的です。

 

また、就寝前に行なう軽いストレッチなどの適度な運動には、身体全体の筋肉をほぐす効果だけでなく、眠りが深くなることによって副交感神経が正常な働きを取り戻す相乗効果にもなります。
痙攣(けいれん)性便秘 症状便秘解消とダイエット効果を助ける簡単な運動

痙攣(けいれん)性便秘の時に避けること

このように、痙攣性便秘は大腸が痙攣している状態なので、大腸に極端な刺激になる物を、なるべく摂らないようにしましょう。

便秘解消に即効性が高いと言われる食物繊維は、痙攣(けいれん)性便秘で過剰摂取すると、大腸の刺激となり逆効果となってしまいます。
特に、ごぼうやコンニャクなどの不溶性食物繊維が当てはまるので注意してください。
痙攣(けいれん)性便秘 症状便秘解消に即効性が高い食物繊維

また、食べ物意外で消化に悪いものには、アルコールやカフェインがあります。
痙攣(けいれん)性便秘 症状便秘の原因になりやすい食べ物や飲み物

 

また、便秘解消に即効性の高い方法ではありますが、市販の下剤(便秘薬)や自分で行なう腸内洗浄などは、大腸に直接的な刺激を与えてしまうので、控えた方が良いでしょう。

 

これらは便秘解消が即効果で出来るという点で飛びついてしまいがちですが、刺激が強い物は、それだけ腸への負担が大きくなるということです。
痙攣(けいれん)性便秘 症状下剤の種類と服用後の腹痛について 痙攣(けいれん)性便秘 症状腸内洗浄での便秘解消

 

痙攣性便秘を解消するには、すでに精神的ストレスでの刺激を受けている大腸に、これ以上の刺激を与える事はしないで下さい。

 

大腸が痙攣(けいれん)する位ですから、相当なダメージを受けている状態でもあるので、これ以上腸を刺激しない様、なるべく刺激の少ない食べ物を摂取することをオススメします。

痙攣(けいれん)性便秘 症状オリゴ糖食品で痙攣性便秘を改善した体験談はこちら

 

また、食生活など色々と注意しているのにも関わらず状態が改善されない場合は、痙攣性便秘は自律神経失調症で表れる症状の1つでもあるので、心療内科などでの診察を受けた方が良いかもしれません。
痙攣(けいれん)性便秘 症状便秘でも病院に行ったほうが良い状態

-----Sponsored Link-----

 

 

本記事を最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。
この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願い致します。

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加


口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング


 

痙攣(けいれん)性便秘の解消と対策便秘解消関連ページ

弛緩(しかん)性便秘の解消
弛緩(しかん)性便秘は大腸の運動力が低下することで起こる便秘で高齢者や女性に多い便秘の種類と言われます。弛緩(しかん)性便秘の症状や解消法、そして予防法などを紹介しています。
直腸(ちょくちょう)性便秘の解消
直腸性便秘は普段から便意を我慢していることで、大腸が便意に慣れてしまい排便する力が低下することで起こります。特に学校などでトイレに行くことを我慢している子供に多く見られる便秘と言われています。直腸便秘の予防法や解消法などを紹介しています。