漢方薬での便秘解消のメリットとデメリット

漢方薬 便秘解消

便秘薬を使っても、身体に薬への耐性が付いてしまい便秘解消には至らないと悩む方もいると思います。

 

そうなった方の新たな便秘解消方法として、漢方薬も選択肢の1つです。

 

漢方薬は、生姜やニンニク、木の実、植物の葉や茎等、自然界に存在する植物等をブレンドして煎じたり、エキスにしたりして飲む医療方法です。

 

何より下剤を使った便秘解消よりも、身体への負担や依存性などの少なさは、漢方薬での便秘解消のメリットだと言えます。

 

漢方薬と聞いて、実際効果があるのか半信半疑かもしれませんが、大手総合病院などには漢方専門医が常駐してたり、漢方内科から独立開業している医師も存在し、現在は日本でも漢方の治療としての効能が認められているのです。

 

漢方薬は人によっては、便秘解消を即効果で実感出来る働きもあるのですが、もし漢方が初めての場合は、漢方薬局などに相談に行かれる事お勧めします。

 

これは、漢方薬に限ったことではないのですが、妊娠中の便秘解消に使用する場合や出産後で授乳中の方が便秘解消で漢方薬を服用する場合などは、かならずそのことを漢方医に伝えてください。

 

漢方薬に使われる生薬の内容によって、妊婦さんや赤ちゃんの負担になる物があります。

 

漢方の考え方は根本的に西洋医学違い、西洋医学のように患部(悪い部分)だけを見ての治療ではなく、患部が発生している原因に対して、身体を全体から良い方向に導いていくやり方です。

 

そのため、便秘と言えども、その原因は精神的ストレスや内臓疾患、食生活、ホルモンバランスの乱れなど多岐に渡るため、専門医にカウンセリングを受け適切な漢方を処方されると、便秘解消の即効性を体感出来るでしょう。

漢方薬を使った便秘解消のデメリット

患部だけでなく身体全体を正常に戻すということでは、漢方薬は非常にお勧めなのですが、一般の薬局などで漢方を購入すると、費用が高く継続が難しくなるというデメリットもあります。

 

また、漢方薬の場合は、その人の体質にピッタリと合わせた便秘解消の成分を配合・処方できる専門医や医療機関が少ないという面もあります。

 

ツムラの漢方などは、処方箋があれば保険が適用されることもありますので、自分に合った医療機関を見つけるのも良いでしょう。

NEXT:腸内洗浄キットでの便秘解消

 

 

本記事を最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。
この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願い致します。

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加


口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング