慢性便秘で腸内に溜まる腐敗ガスとは

便秘が慢性的になると、おならが強烈な臭いを放つようになると、実感されたことがありませんか?

 

自分のおならが臭いと感じる方は、かなり腸内環境の悪化が予想されるので、注意が必要です。

 

特に、注意しなければいけないのが、常に何日も便が出ない状態が続いている慢性便秘中の方です。

 

慢性便秘になると腸内に腐敗ガスが充満し、腸などを含めた健康状態が悪化の一途をたどることになるので便秘解消を即効で行なう意識しましょう。

慢性便秘で発生する腐敗ガスでおなかが張る不快感

便秘できちんと便が体外に排出されない状態になって、腸内に便が宿便として溜まりだすと、身体に悪影響を与える悪玉菌が優勢となり大繁殖を始めます。

 

その際、悪臭を放つガスを発生させるので、腸内に溜まった食べカスの腐敗が加速してしまうことになります。

 

これは、食事内容がお肉が中心のタンパク質ばかり摂ってる方は要注意です。

 

悪玉菌はタンパク質が分解された物をエサにしているため、さらに、悪玉菌が繁殖してしまうことになり、腐敗ガスを大量に発生させます。

 

「最近下腹部が苦しい」などで明らかにガスの溜まりを実感されている方は、腸内が腐敗ガスで充満している可能性があるので注意しましょう。

 

これは、救急隊員の方に聞いた話ですが、慢性便秘が原因で腸内が腐敗ガスでパンパンに膨れて、今までにない強烈な吐き気や身動きできないほどの激しい腹痛が起きて、自分で救急車を呼ばれるケースが実際に数多くあるそうです。

腐敗ガスが引き起こす健康面・美容面での深刻な悪影響

腐敗ガスが招く影響は、ただ単におならが臭いというだけではありません。

 

腐敗ガスの成分とは、インドール、スカトール、アンモニア、硫化水素などの有害な原因物質です。

 

この有害物質が腸壁から血管吸収され、ドロドロになった血液が全身を巡り、血管にコレステロールが付着する動脈硬化など悪影響を与える可能性があり、体臭や口臭の原因にもなってしまいます。
便秘 ガス便秘と体臭 便秘 ガス便秘と口臭

 

そして、腐敗ガスの影響では代謝機能も衰えさせるので、肌トラブルの誘発、自律神経のバランスを崩れさせる、内臓脂肪が付きやすくなるなどの健康面や美容面で多くの不調を招く結果になりやすいとされています。
便秘 ガス便秘の美容への悪影響 便秘 ガス便秘と自律神経の乱れ 便秘 ガス便秘と内臓脂肪

 

また、免疫力など身体の抵抗力も極端に低下し風邪を引きやすくなることや、インフルエンザウィルスやノロウィルスに感染した発症率が高くなることや、それ以外にも病気にかかりやすくなることや腐敗ガスに含まれる有害な成分が引き金となり、様々なアレルギー反応が発生するケースがあります。
便秘 ガス便秘で引き起こされるアレルギー

 

このように、身体中にたくさんの悪影響を及ぼすことを忘れないようにして、少しでも早くおなかに溜まっている腐敗ガスを解消しなければいけません。

 

まずは、腸内環境を整える便秘解消を即効で行なって、身体が本来持っているデトックス(解毒)機能の回復が大切で、腐敗ガスを発生させる悪玉菌よりも善玉菌を優勢になるようにコントロールすることが必要不可欠です。
便秘 ガス便秘解消で表れるデトックス効果

 

慢性便秘 腐敗ガス

 

NEXT:便秘で増加する悪玉菌について

 

 

本記事を最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。
この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願い致します。

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加


口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング


 

慢性便秘で腸内に溜まる腐敗ガスとは便秘解消関連ページ

便秘で増加する悪玉菌とは
便秘の悩みがあると腸内環境や、それを左右する善玉菌や悪玉菌という言葉が気になってしまい、そうなると如何に善玉菌を増やすかという点だけに注目されがちですが、同時に悪玉菌のことを知っておくことも大切です。こちらでは、悪玉菌について解説しています
腸内で善玉にもなる悪玉にもなる日和見菌とは
普段から健康維持や美容のために腸内環境に配慮されている方なら善玉菌や悪玉菌をご存知だと思います。しかし、腸内細菌の占める割合で最も多いのが日和見菌と呼ばれる物で、これらに関連する腸内フローラを改善するには、日和見菌の存在も避けて通れません。