幼児の便秘について

幼児 便秘解消

赤ちゃんは生後1年を超えると幼児(満1歳から小学校入学まで)と呼ばれ、赤ちゃんの頃と比較して身体状態も安定しますが、まだまだ体調を崩しやすい時期でもあります。

 

また、赤ちゃんの頃は泣くことでしか身体の不調をお母さんに訴える方法がありませんでしたが、たとえば、おなかの調子が悪いことを『ポンポンが痛い』などの簡単な言葉であれば、お母さんと意思の疎通できるので、赤ちゃんの頃と比べてお母さんも体調の把握がしやすくなると思います。

 

そして、胃・小腸・大腸などの各内臓器官の働きや、それらの働きを促がしている神経系統も大人と同じように確立されています。

幼児の便秘原因に多いことは

まず、幼児期の便秘の原因として、偏食などの食事の問題があります。

 

赤ちゃんの頃の主食だった母乳や粉ミルクには、腸内の善玉菌を増やす成分であるオリゴ糖などが多く含まれていることや、赤ちゃんそのものが腸内細菌で善玉菌が占めている割合が非常に高いので、極端に水分摂取量が不足することなどがなければ、比較的に赤ちゃんは便秘になることが少ないです。

 

そして、幼児期は特別に刺激が強かったり生もの以外の食べ物だったら、ほぼ、大人と同じような物を食べることができます。

-----Sponsored Link-----

そこで、好き嫌いが多く偏食気味になると、身体の成長に必要な栄養素の不足だけでなく、便秘解消や予防に効果的な食物繊維を含んだ物や腸内の善玉菌を増やす食べ物の摂取が不足すると便秘の原因になってしまいます。
幼児の便秘子供の好き嫌いと便秘

 

次に、幼児が便秘になってしまう原因に生活環境の変化があります。

 

今まではずっとお母さんと一緒の生活だったのが、3歳頃から保育園や幼稚園に通園することで、お母さんと離れる時間を過ごすようになりますね。

大人と同じように幼児がストレスと感じてしまうこと

新しいお友達ができたり楽しいことを見つけたりして、お母さんと離れている保育園や幼稚園での生活に慣れてしまえば安心ですが、幼児だけに限らず大人でも進学や就職で生活環境が変わると、緊張感が精神的ストレスになってしまいます。

 

不安を抱える幼児

また、精神的ストレスは交感神経と副交感神経で構成されている自律神経の働きを乱し副交感神経は内臓機能の働きをコントロールする役割があります。

 

前述したように幼児も大人と同じように神経系統が確立されています。

 

しかし、今まではお母さんのそばにいることが当たり前だった生活環境から、慣れるまでお母さんと離れることの不安を抱える保育園や幼稚園にいる時間精神的ストレスにとなって、それが幼児の便秘原因になることがあります。
幼児の便秘ストレスと便秘の関連

 

また、毎朝、排便していた時間が、ちょうど保育園や幼稚園に登園する時間と重なってしまい、排便したくてもつい我慢させてしまうことで、幼児の排便のサイクルが乱れてしまい、そのまま便秘気味になることもあります。

 

このように、幼児期の便秘原因の大半は生活習慣に密着しているのです。

-----Sponsored Link-----

幼児の便秘解消法と予防法

そして、幼児が便秘になりやすい原因を把握すれば、逆に毎日の生活習慣の中で、そのポイントをケアすれば、そのまま便秘解消や予防の効果にも繋がります。

 

幼児の偏食が原因となる便秘解消や予防には、毎日の食事で食物繊維などを含む物や腸内の善玉菌を増やす効果のある食べ物をバランス良く与えるようにします。
幼児の便秘便秘解消の即効性を助ける食品

 

ただ、幼児にはどうしても食べ物の好き嫌いがあるので、例えば野菜が苦手な子だったら、別に食べ物として与えるのではなくて、たとえば、これらの栄養が摂取できる野菜ジュースとして与えるのも方法の1つです。

 

また、腸内の善玉菌を悪玉菌以上に増やす便秘解消法なら、これらを活発にさせる持つヨーグルトなどの乳製品をおやつとして出す回数を増やす方法もあります。
幼児の便秘善玉菌(ビフィズス菌)が持つ便秘解消効果

 

ただ、乳製品は体質によってはアレルギー反応などがある子もいるので、その場合は、無理に乳製品を摂取させるのではなく、ヨーグルト以上に善玉菌(ビフィズス菌)を増やす効果の高いオリゴ糖食品などを利用されてみてください。
幼児の便秘オリゴ糖食品を使った便秘解消法のメリットとデメリット

幼児の話を聴いてあげて排便のリズムを整える

幼児の話を聴くお母さん

次に慣れない保育園や幼稚園で抱える精神的ストレスによる便秘解消や予防ですが、これは、その日一日、保育園や幼稚園での出来事をしっかりと聴いてあてください。

 

大人でも、今現在抱えている悩みを他の人に打ち明けるだけで気持ちが楽になるのと同じで、幼児もお母さんがしっかり話を聴いてくれるだけで安心します。

 

そして、幼児が話してくれる保育園や幼稚園での出来事で、良いことや頑張ったことがあれば、いっぱい誉めてあげてください。

 

そうすることで、幼児は今までの生活習慣とは違う保育園や幼稚園での不安感がなくなるだけでなく、降園後にお母さんに話して誉めてもらえる、おみやげ話が作れるように頑張るようになりますよ。

 

あとは、登園時間と重なって今までとズレた毎朝の排便タイミングの修正ですが、まずは、登園前の時間帯には必ずトイレに行かせてください。

 

今までの時間帯が変わることで、最初のうちはトイレに行っても排便できないこともありますが、朝の排便が1番自然に促がされるのが朝食後20分間と言われます。

 

最初のうちは排便することができなくても、朝食後の20分間に排便をしようとする習慣を続ければ、脳から大腸に排便を促がす運動(蠕動運動)が副交感神経を介して内臓器官に伝わり、毎朝スッキリできる排便のリズムが整うようになります。

 

そのうえで、朝食を食べさせる時間とトイレに行かせる時間を調整しながら、遅刻をしない登園時間に合わせるようにしてください。

 

幼児の便秘解消やこれからの便秘予防には、毎日の生活習慣でこれらの点を注意しながら、それでも改善できない場合は、幼児の身体に負担の掛からない便秘解消品などを少し利用することも検討されてみてください。

幼児の便秘幼児の便秘解消にも効果的なオリゴ糖食品ランキング

-----Sponsored Link-----

 

NEXT:子供(小学生)の便秘解消と予防

 

 

本記事を最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。
この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願い致します。

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加


口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング