便秘外来について

最近、一部の医療機関で、便秘に関する問題を専門的に扱う外来機関として、便秘外来が注目を集めています。

 

これは、老若男女に関わらず、便秘の症状で悩む方が年々増加しているという背景があります。

 

便秘の症状で悩む方は多いですが、たかが便秘と思って根本原因を改善せず、安易に市販の便秘薬(下剤)だけで対処を続けていると、大腸の働きが弱まり便秘が重症化してしまいます。

便秘外来や医師などに相談した方が良い症状

このような症状がある場合は、なるべく早い段階で医師へ相談した方が良いと言われます。

  • 短時間で便秘と下痢が交互に続く
  • 便秘と下痢の繰り返しが2週間以上が続く
  • 血便または、黒い便など明らかに便の状態がおかしい
  • おなかの張りがある
  • 強い腹痛を伴う
  • 排便後の残便感がある

便秘 外来

実際に便秘外来で、どんなことをするか不安と思います。

 

まず、最初の問診で症状のヒアリングと同時に自覚症状の確認を行ないます。

 

次に、触診でお腹に手をあて張りなどの状況を調べます。

便秘外来の問診で主に確認される内容

次の問診では、医師が触診した部分の再確認や毎日の食生活などを含めた生活環境の内容を確認されます。

便秘外来で行なわれる検査

便秘 外来

次に、炎症反応や白血球数などを正確に分析をするための血液検査や大腸内視鏡検査などで検査するのが主な内容です。

 

大腸内視鏡検査は、腸内が傷付いて出血をしていないか?または、ポリープ(腫瘍)などが発生してないか?など目視で確認します。

 

下剤の服用が常習化してる人は、下剤に配合されている成分の影響で、大腸が黒く変色してしまった大腸黒皮症(大腸メラノーシス)が判明するケースがあります。

 

また、この時に自分の体質にピッタリな専門的な便秘解消や予防のアドバイスもしてくれます。

 

便秘外来という名前から恥ずかしいことを聴かれそうなイメージなのですが、そんなことはありません。

 

こういったことで、便秘解消を即効で行なうと同時に、今までは表面化せず、隠れているかもしれない、重篤な病気をみつけることができるのです。

 

便秘の原因が、比較的軽度な急性腸炎などの一時的なものならば、抗生物質を処方してもらうことで便秘解消も即効です。

 

しかし、大腸がんなどの危険な病気や、炎症性腸疾患、過敏性腸症候群などが潜んでいる場合もありますので注意が必要です。
便秘 外来便秘が原因のガンについて

 

NEXT:バリウムが原因の便秘について

 

 

本記事を最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。
この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願い致します。

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加


口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング


 

便秘外来について便秘解消関連ページ

バリウムが原因の便秘と解消法
健康診断で胃のレントゲン検査の為に飲まされる造影剤のバリウム。バリウムを飲んだことで症状化する便秘時にやってはいけないことや、バリウムが原因となる便秘解消法を紹介しています