便秘で増加する悪玉菌とは

悪玉菌というのは、私たちの健康に悪影響や害を与える腸内細菌のことです。

 

また、ビフィズス菌や乳酸菌を総じて善玉菌と言うように、一口に悪玉菌と言ってもその種類には、大腸菌、ウェルシュ菌、バクテロイデス菌、ブドウ球菌、クロストリジウム菌などがあります。

 

そして、大腸内で善玉菌よりも悪玉菌が多くなると、発がん性物質やアレルギーを引き起す原因物質であるアレルゲンなどの毒素の増加、有毒ガス(腐敗ガス)などを産生して体調を悪化させたり、病気の原因となる他、老化を促進させることも解明されています。

 

また、慢性的な便秘状態が継続し続けると、このような健康面だけでなく美容面で表れる問題としては、肌コンディションが低下しやすく季節の変わり目などに乾燥肌や敏感肌で肌が赤くなることでのピリピリ感が頻発したり、ニキビなどの吹き出物が出やすくなってしまいます。

 

このように、健康面や美容面にも悪影響を及ぼさないように、便秘の悩みを抱えている方は身体に負担のかからない即効性の高い方法で解消させ、また、今現在便秘の悩みが無い方は、悪玉菌が増えるような生活習慣があれば少しでも早く改善させた方が良いのです。

 

悪玉菌が増えてしまう要因は?

そして、慢性的な便秘状態でなくても悪玉菌は、加齢や食事、生活環境、精神的ストレスなどの影響を受けて増えていきます。

 

良く耳にすることだと思いますが、肉類や脂肪分の多いなど便秘になりやすい食べ物ばかりの偏食、添加物、飲酒、喫煙などは、悪玉菌を増やす原因となります。

 

忙しい毎日の中で、野菜不足、栄養素の偏り、ジャンクフードなどの食べ過ぎ、多量の飲酒、睡眠不足などを繰り返していると、大腸の活動を制御する自律神経(副交感神経)の働きが乱れることによって、腸はどんどん老化して悪玉菌が優勢な腸内環境を作ります。

 

このような悪循環が続いてしまうと、腸内フローラの状態そのものまで悪くなり、身体の疲れも残りやすく、免疫力も弱い不健康な体が作られていくことになります。

 

さらに、悪玉菌が優勢で腸内細菌のバランスが崩れた体は、花粉症やアトピーなどのアレルギー性疾患、生活習慣病、ウツ、大腸ガンなどの疾病を引き起こす引き金になる他、風邪やインフルエンザなどにかかりやすくなったり、口内炎、肥満、肌荒れ、疲労感、下痢や便秘を繰り返すといった不調の原因となります。
便秘 悪玉菌慢性便秘状態で表れやすい症状

 

また、悪玉菌優位な腸内では、普段は中立である日和見菌が悪玉菌となって悪さをしやすくなり、免疫力が落ちたときに思わぬ病気にかかりやすくなるといったことも起こります。
便秘 悪玉菌便秘が原因と考えられる病気

 

このように、普段から悪玉菌が増えて腸内フローラのバランスが崩れないよう、腸内環境を健康に保つことは、体と精神両面の健康を保ち、老化を防いで若々しく元気に過ごすためにとても大切なことです。

 

そして、悪玉菌を増やすない生活習慣を始めるのに一番簡単な方法は、毎日欠かさず行っている食生活を改善することなので、取り敢えず毎日の献立の中に便秘解消や予防に効果のある食品を摂り入れることから始めてみてはいかがでしょうか?
便秘 悪玉菌便秘解消の即効性や予防効果を高める食べ物について

 

NEXT:善玉でも悪玉にもなる日和見菌について

 

 

本記事を最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。
この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願い致します。

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加


口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング


 

便秘で増加する悪玉菌とは便秘解消関連ページ

慢性便秘で腸内に溜まる腐敗ガスとは
慢性便秘になるとおならが臭くなりおなかの中にガスがたまってパンパンになります。このガスは便秘で溜まっている宿便や悪玉菌から作られた腐敗ガスと呼ばれる物で、健康面や美容面にたくさんの悪影響を与えてしまいます。腐敗ガスと原因の便秘解消について。
腸内で善玉にもなる悪玉にもなる日和見菌とは
普段から健康維持や美容のために腸内環境に配慮されている方なら善玉菌や悪玉菌をご存知だと思います。しかし、腸内細菌の占める割合で最も多いのが日和見菌と呼ばれる物で、これらに関連する腸内フローラを改善するには、日和見菌の存在も避けて通れません。