下剤の種類と服用後の腹痛について

市販の下剤(便秘薬)を飲んだ後、腹痛に襲われる人もいると思います。

 

この腹痛の原因は、下剤の便秘解消効果によるものなのですが、下剤の効果とは配合されている成分によって大腸に刺激を与えて、大腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発化させているためです。

 

通常、大腸の運動は自律神経の副交感神経がコントロールをしていますが、下剤は大腸に直接的な刺激を与えることで強制的に蠕動運動をさせているのです。

機械的下剤の便秘解消作用

下剤には、便の水分を増加して排出させるタイプのものがありますが、この下剤を機械的下剤と言い、便秘解消作用は、水分を補給することによって浸透圧の高い水となります。

 

その結果、大腸に水分は吸収されずに、便に染みさせて柔らかくすることで、体外への排出を促します。

 

また、一般的に販売されている刺激性下剤に比べて大腸への刺激などが少ないので、病院で処方されることも多い下剤です。

 

特に、水分摂取が少ない場合には有効な下剤で、黄体ホルモンの影響などで、大腸の水分不足が原因となる、妊娠中の便秘に処方されているマグラックス錠も機械的下剤に分類されます。
下剤 腹痛妊娠中の便秘薬マグラックスについて

 

刺激性下剤の便秘解消作用

もう一つの下剤を刺激性下剤と言いますが、一般的にドラッグストアなどで販売されている下剤の大半が、こちらの部類に入ります。

 

刺激性下剤は文字通り、大腸の粘膜を刺激し、排便を促します。

 

これは、センナやアロエなどに含まれる物質で大腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発化させるので、腹痛の原因にもなって、蠕動(ぜんどう)運動そのものが極端に活発化すると、大腸が傷んでいきます。

 

そのため、ストレスで大腸が過剰に動いてる痙攣(けいれん)性便秘の時に、刺激性下剤を服用すると、逆効果になる場合があります。

 

また、この種の下剤に依存して、服用が習慣化すると大腸メラノーシスになる原因にもなり、大腸メラノーシスは大腸が黒く伸びたゴムのようになります。

 

さらに、大腸メラノーシスが深刻な事態になると、大腸の神経まで鈍くなって蠕動(ぜんどう)運動が低下してしまい、自力での排便が困難になるなどの様々なリスクが発生します。

 

大腸メラノーシスは完治しない訳ではありませんが、症状の程度によっては、下剤を辞めた後でも完治まで1年近くかかるケースなどあります。

 

このように、便秘解消を即効にするためでも、下剤の服用が常習化してしまうと、その結果、大腸が必要以上に酷使しされてしまい多くのデメリットが表れます。

 

下剤に頼らない生活を送ることが、大腸を健康に保つことにもつながるので、まずは身体に自然な方法で、腸内環境を整えることから始めたいですね。

おなか端麗】

 

 

本記事を最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。
この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願い致します。

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加


口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング