便秘解消に即効な下剤(便秘薬)のメリットとデメリット

便秘 下剤

市販の下剤(便秘薬)は、比較的手軽な金額で購入でき、便秘解消の即効性は大きなメリットです。

 

また、いつでも気軽に購入できる24時間営業のドラッグストアなどがあり、自宅の救急箱内に常にストックしておけるメリットがあります。

 

このように、便秘解消の即効性が高さや入手しやすいということは、慢性的な便秘の悩みを抱えている人にとって大きなメリットです。

 

しかし、便秘解消効果を下剤だけに頼り続けてしまうと、あとで、とても大きなデメリットの原因になってしまいます。

下剤を使った便秘解消のデメリット

一般的に市販されている下剤は、誰にでも服用できることが目的で成分配合され、成分の大半は大腸に刺激を与えることで強制的な運動をさせることが目的です。

 

そのため、病院などで大腸が痙攣(けいれん)していることが原因の痙攣性便秘と診断された場合、市販の下剤を服用することは大腸に余計な刺激を与えてしまい、逆効果です。
便秘 下剤痙攣性便秘の解消と対策

 

また、飲み始めの頃は少しの量で良いですが、身体に薬への耐性ができてしまうと、下剤を飲む量も増やさなくてはならなくなってしまいます。

 

ドラマや映画などで、病気の人が手術のたびに麻酔を投与されていたけれど、手術回数が重なることで、麻酔の効果が低くなるという話を見たことある方もいるかもしれませんが、これも身体が麻酔に対する耐性を作るためです。

 

これと同じ様に、長期間、下剤だけで便秘解消を続けていたけども効果を感じなくなることで、少しずつ服用量が増えて、今では毎回、下剤を1シート飲んでると言う人もいると言われます。

 

初めて下剤を飲んだ時に、おなかの痛みを感じたけど、そのうち痛みを感じなくなりますが、これも下剤の成分に対する耐性ができていることの表れです。

 

下剤を飲んだ後の、おなかの痛みは薬の成分の力で強制的に大腸のぜん動運動をさせていることが原因です。
便秘 下剤下剤の種類と服用後の腹痛について

 

このように、下剤を使用するデメリットの1つに下剤を飲まないと排便できない習慣性ができてしまうことです。

 

最近、このようなケースで悩まれる方が増えていて、下剤を飲まないとスッキリした感覚が得られず、そのまま飲み続ける影響で、大腸機能が低下している人が増加しています。

 

また、下剤を飲み続けることで、配合されている成分の影響で大腸が黒く変色してしまう、大腸黒皮症(大腸メラノーシス)という症状も発症してしまいます。

 

そして、最終的に、大腸の蠕動(ぜんどう)動運動が止まり、自力での排便が一切できずに腸閉塞になってしまう事例が報告されています。

下剤乱用の便秘解消法を確実に止めるには

便秘 下剤

下剤を飲み過ぎることは、身体には良くないと分かっていても、身体や精神的なストレスで辛く、便秘解消に即効果を出したい時は、病院で医師の指示に従って処方された物を服用してください。
病院などで処方された下剤や便秘薬の一時的な服用であれば問題はありません。

 

また、慢性便秘になりやすい妊娠中の妊婦さんや出産後授乳中のお母さんは、赤ちゃんへの影響が表れる可能性があるので、市販品の下剤は使用されないように注意してください。
便秘 下剤妊娠中の便秘解消と予防 便秘 下剤出産後(授乳中)の便秘解消と予防

下剤ダイエット

最近、インターネットで下剤を使った下剤ダイエットが紹介されています。

 

本来、服用する必要のない人が下剤で大腸を強制的運動させると、大腸の粘膜が炎症を起こし、栄養の吸収率を下げてしまいます。

 

栄養の吸収率が下がってしまうと、内臓脂肪や皮下脂肪を蓄えやすくなって、ダイエットとは逆効果なうえに腸内が傷付いて、出血した血や膿が血便として出るようになります。

 

それが進行すると、大腸に穴が開いて、大出血してしまう大腸憩室炎という病気にまで発展してしまいます。

 

また、大腸で吸収されなかった下剤の成分が肛門部分まで届くと、その部分も炎症を起こしやすく、イボ痔や切れ痔などの痔なってしまったり、さらに悪化してしまい、最終的には人工肛門になってしまう人がいます。

 

下剤ダイエットは、ダイエットとして逆効果だけでなく、身体に負担をかけるデメリットしかないので、実践している人は、すぐにでも止めて下さい。

 


下剤を使った便秘解消は即効性は高いのですが根本的な便秘解消はできません。

 

根本的な便秘解消効果やダイエット効果を出すには、腸内を健康にすることが1番効果的です。
便秘 下剤便秘解消と効率的なダイエットの同時進行

 

そのために、こまめな水分補給、食物繊維などをバランス良く摂取する食事、適度な運動、そしてヨーグルトや高純度オリゴ糖食品など腸内の乳酸菌やビフィズス菌(善玉菌)を増やすなど、大腸が持っていた健康的な働きを取り戻して、根本的な部分から便秘解消をしていくような方法を行なってください。

 

NEXT:漢方薬での便秘解消

 

 

本記事を最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。
この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願い致します。

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加


口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング


 

便秘解消に即効な下剤(便秘薬)のメリットとデメリット記事一覧

市販の下剤(便秘薬)を飲んだ後、腹痛に襲われる人もいると思います。この腹痛の原因は、下剤の便秘解消効果によるものなのですが、下剤の効果とは配合されている成分によって大腸に刺激を与えて、大腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発化させているためです。通常、大腸の運動は自律神経の副交感神経がコントロールをしていますが、下剤は大腸に直接的な刺激を与えることで強制的に蠕動運動をさせているのです。機械的下剤の便秘解消...