善玉菌であるビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

便秘解消など腸内環境を良くする菌と言えば、善玉菌、ビフィズス菌、乳酸菌などを思い浮かべる方が多いと思います。

 

これらの菌が腸内環境を整える効果をはじめとして、身体を健康的な状態に維持するための重要な働きを担っています。

 

ここでは、それぞれの菌が身体を整える作用など解説しています。

それぞれの菌の性質と働き

ビフィズス菌と乳酸菌、この2つの菌は別な物で扱われる場合もありますが、ビフィズス菌は乳酸菌の一種です。

 

性質としては、乳酸菌は乳酸を生み出す細菌として分けられています。

 

一方、ビフィズス菌は、乳酸と酢産を生み出す細菌となっています。

 

スポーツや身体の筋肉などに詳しい方が『乳酸』と聞くと、筋肉が疲れた時に分泌されるので、マイナスのイメージがあるかもしれませんが、乳酸は筋肉の持久力を高める効果があること言われています。

 

そのため、最近注目されている加圧トレーニングでは、あえて一定量の乳酸を分泌させるようにしているそうです。

 

乳酸菌は、生物学上の分類では、ビフィズス菌はビフィドバクテリウムに属しています。

 

ほかにも、ビタミンを合成する役割のアドレスセンティス菌もビフィズス菌の一種です。

 

また、乳児の腸内のみにいるブレーベ菌というビフィズス菌もあります。

 

ブレーべ菌は赤ちゃんが自然分娩で産道通過時に、母体から受け取る菌です。

 

そのため、帝王切開の赤ちゃんは、自然分娩の赤ちゃんに比べると、大腸内のブレーべ菌が少ないことで、便秘になりやすいとも言われています。

善玉菌 乳酸菌赤ちゃんの便秘解消と予防

 

菌にも色々な種類や呼び名があり、腸内を含めた身体に良い影響を及ぼす菌をまとめて、善玉菌と呼んでいます。

ビフィズス菌 乳酸菌善玉菌を手軽に増やせるサプリメント

乳酸菌の種類

乳酸菌は菌属として、スプレプトコッカスとラクトバチルスの2つです。

 

菌種としてサーモフィルス・ブルガリカス・ラムノーザス・カゼイ・ガセリ菌などです。

 

これらの菌が持っている働きは、筋肉や皮膚の基となるアミノ産を生成したり、主に小腸で増殖するカゼイ菌、胃酸や胆汁酸に強いラムノーザス菌というようにそれぞれ特徴もあります。

 

そして、これらの乳酸菌やビフィズス菌の摂取の方法としては、ヨーグルトや乳酸菌飲料を飲む方法が一般的です。

効率良く腸内の乳酸菌を増やすには

ただ、これらの菌は腸内には滞在しないので、定期的に摂取することで補給してあげる必要があるわけです。

 

ちなみに飲む、または摂取するタイミングにも最適なタイミングがあります。

 

たとえば、乳酸菌などは、胃の中で分泌され食べ物を消化する胃酸に弱い物が多く、その多くが胃の中で死滅してしまいます。

 

その為、ある程度、満腹感を感じている状態で、胃酸の分泌が弱くなる食後に摂取するのが良いとされています。

 

また、乳酸菌を主成分として便秘解消や美容目的などのサプリメント類では、胃酸に弱いという弱点を克服するために、10億以上の乳酸菌を配合したり、乳酸菌そのものを胃酸に強い成分で包むなど色々な工夫がされています。

善玉菌 乳酸菌便秘解消サプリメントランキング

 

菌類は、その人によっての相性もあるので、効果が確認出来なかった場合は、別の乳酸菌を摂取するなど試すのも良いと思います。

 

 

本記事を最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。
この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願い致します。

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加


口コミや体験談で評価の高い便秘解消品

 

オリゴ糖

赤ちゃん・妊婦さん・授乳中・高齢者・ダイエット中など 自然な効果で家族全員で使えるオリゴ糖食品


 

 

便秘解消茶
キャンドルブッシュだけでなく、美容成分配合で 普通のハーブと同じ様に飲むことができる便秘解消茶

便秘解消茶ランキング


 

 

サプリメント
毎日忙しく食生活が不規則でも手軽な摂取で 継続しやすくダイエット効果も同時に出せるサプリメント

サプリメントランキング